FC2ブログ

ドン○に行ったときの話

大和思想的な行動
08 /18 2019
 バキッ!!

「あっ!?」

「え~………」


 長い間使っていた、プラスチック製の「健康竹踏み」が割れた。

※プラスチック製の「健康竹踏み」とはコレ↓ ちなみに、これは新品。
竹踏み

 かれこれ10年以上は、使っていた気がする。

「確か、200円くらいだったから、まぁ、十分元はとったな」

 オイラは、新しいプラスチック製の「健康竹踏み」を買いに、近くのディスカウントショップ、ドン・○ホーテに向かった。


「ドンドンドン♪ ドン、○~♪ ドン○~♪ ホ~テ~♪」

 おなじみの軽快な曲を聞きながら、オイラは、お目当ての「健康竹踏み」を探した。


「あっあっあっ♪ あっ、た~♪ た、け~♪ ふ~み~♪」

 やっぱり、あったね。さすがは、ドン○。

 オイラは、「健康竹踏み」を持って、レジへ向かった。


 レジは、4つあるが、稼働しているのは2つ。

 片方のレジには、4人の客が並んでいる。

 もう片方のレジには、9人くらい並んでいる。

「何で、こんなにアンバランスに並んでるんだろ?」

 そう思いつつも、オイラは、当然のように、4人の客が並んでいる方に並んだ。


 ドン○に来るのは久しぶりだったので、オイラは店内を見回した。

 商品、陳列、来るたびに、微妙に変わっている。

 オイラは、あれこれと見ていたが、ふと気付いた。
 隣のレジの列は、少しずつ進んでいるのに、オイラが並んでいる列は、全く進んでいないことに!!


 レジを見ると、あれこれと立ち回っている店員、電話をしている店員がいる。

 よく見ると、客のクレジットカードの認証が、うまくいっていないようだ。

「こっちのレジが全く進まないから、向こうのレジに、9人も並んでたのか」

 そうと分かっても、今更、向こうの列に並ぶのも何だし、そろそろカードの認証が終わるかもしれないし…。

 そう思って、そのまま並んでいたが、一向に進む気配がない。


 オイラが、こっちの列(4番目)に並んだときに、向こうの列の最後尾(9番目)にいた人が、4番目になった。


 2番目になった。


 そして、ついに、会計を済ませて帰ってしまった。


「おいおい~。どうなってんだ~。早くしろよな~」

 オイラの心の声が届いたのか、しばらくすると、店員が、閉じていたレジを開けた。

「やっとかよ~」と思うオイラ。


店員:「後ろに並んでいる方、こちらのレジへどうぞ!」

 そう言われて、こっちのレジに並んでいた人達が、そのレジに移動した。

 ところが…!?

 クレジットカードの認証をしていた人の後ろ(1番目)に並んでいたおばちゃんは、新しいレジが開いたことに気付かなかったようだ。

 そのあばちゃんは、一瞬出遅れて、その場に取り残されてしまった。

 新しいレジには、すでに、6人が並んでいる。

 すでに、こっちの列に来ても、最後尾に並ばなければいけない雰囲気になってしまった。


 オイラは、そのことに全く気付かなかったが、オイラの前に並んでいたおばちゃんは、そのことに気付いた。

 そして、そのおばちゃんは、取り残されたおばちゃんのところへ行った。

 そして、「ずっと並んでたんですもんね~。こっちに並んでください」と言って、取り残されたおばちゃんを連れてきて、自分の前に入れてあげた。


 オイラは、一瞬、状況が理解できなかったので、「何やってんだろ、このおばちゃん」と思った。

「とっととレジを済ませて帰りたいのに、知らないおばちゃんを、どこからか連れてきて、自分の前に入れて…」

 一瞬そう思ったが、よく考えると、「取り残されたおばちゃんを列に入れてあげる」という、「おばちゃんの優しさ」だったようだ。

 だが、オイラは、早く帰りたかったから一瞬イライラした。

 だが、「まっ、そういうこともあるよね」と思い直した。


 自分が早くレジを済ませたくても、「取り残されたおばちゃんを列に入れてあげる」。

「おばちゃんの優しさ」は偉大だ!!


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト

オイラの家庭菜園 2019 #2 ~お粗末なニンジン~

家庭菜園
08 /11 2019
 先日、栽培していたニンジン(五寸ニンジン)を収穫した。

 な、なんと!!

 お粗末なニンジンではないか!!(うすうす気づいてはいたけど…。とほほ…)
オイラノ家庭菜園 2019 ~お粗末なニンジン~

 まぁ~、宅地で、20~30cm下には、コンクリートガラが埋まってるから、こんなもんだろ(涙)。

 乞うご期待!!


 オイラのシシトウ!!
オイラノ家庭菜園 2019 ~シシトウ~

 まぁ、こんなもんだろ。


 栽培中のサトイモ
 6月6日
オイラノ家庭菜園 2019 ~さといも1~

 7月18日
オイラノ家庭菜園 2019 ~さといも2~

 8月6日
オイラノ家庭菜園 2019 ~さといも3~


 栽培中のショウガ
 6月6日
オイラノ家庭菜園 2019 ~しょうが~

 7月18日
オイラノ家庭菜園 2019 ~しょうが2~

 8月6日
オイラノ家庭菜園 2019 ~しょうが3~

 乞うご期待!!


 みんな!!

 安心、安全な野菜を食おうぜ!!


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

新宿のド○ールコーヒーへ行ったときの話

大和思想的な行動
08 /04 2019
 ボンジュ~ル!

 先日、とある用があったので新宿へ行った。

 いろんな話を聞いた後、その考えをまとめるため、また、そこから広がるアイディアをメモするために、新宿の南口にあるド○ールコーヒーへ行った。

 その店は、店内だけでなく、外にもテーブルとイスを並べている。

 オイラは、狭い店内より開放的な外の方が好きなので、外のイスに座った。


 オイラはイスに座り、しばらく人の流れを見ていた。

 日本人、外国人。

 おしゃれな人、地味な人。

 モデルみたいな奇麗な人も通る。

「さすがに新宿には、いろんな人がいるな~」

 そう思いつつも、オイラは、さっき聞いた話を忘れないため、また、そこから広がるアイディアをメモするために、A4サイズの紙を広げた。
 そして、イヤホンをつけ、「脳をシータ波にする音源」を聞きながら、思い付くことを書きつづった。

「♪~♪~、♪~♪~♪~~」

「♪~♪~、♪~♪~♪~~」

 オイラは、思い付くことを書きつづった。

 オイラ:「♪~♪~、♪~♪~♪~~」

 しばらくすると、隣に座っていた人達が席を立った。

 オイラ:「♪~♪~、♪~♪~♪~~」

 しばらくすると、女の子2人が来て、その席に座った。

 オイラ:「♪~♪~、♪~♪~♪~~」

 しばらくすると、反対のテーブルに、子供2人を連れた外国人男性が来た。

 オイラ:「………」


 各テーブルには、イスが2つしか置いていない。

 その人たちは、子供2人とその人の計3人なので、イスが1つ足りない状況だ。

 オイラは、どうするのかと思って、横目で見ていた。

 すると、その外国人男性は、子供2人をイスに座らせ、自分はイスがないので、少し離れたところにある花壇の端に腰をかけた。

 もちろん、子供とは、少し離れた場所にいることになった。


 イスは、各テーブルに2つだ。

 もちろん、オイラのテーブルにも2つある。

 オイラが座っていない方のイスは、空いている。荷物も置いていない。

 だから、オイラは、てっきり「チョット、コノイス、ツカッテモ、イイデスカー?」とくると思っていたが、そうではなかった。

 そこで、オイラは、使っていないイスを渡して、「これ使ってください」と言った。

 外国人男性は、「ドモ、アリガト、ゴザマース(どうも有り難うございます)」と言った。


 その外国人男性は、子供たちとしゃべっていた。

 英語ではない。どうやらフランス語のようだ。「ボンジュ~ル」「メルシ~ボクゥ~」だ。


 オイラは、さっきの作業を続けた。

 オイラ:「♪~♪~、♪~♪~♪~~」

「♪~♪~、♪~♪~♪~~」

「♪~♪~、♪~♪~♪~~」


 しばらくすると、外国人男性は、子供たちと席を立った。

 そして、さっき渡したイスを戻してくれ、「ドモ、アリガト、ゴザマース(どうも有り難うございます)」と言った。


 気遣い!!

 そう、「共存共栄の世の中」を実現させるためには、このような気遣いが不可欠なのだ。


 まず、隣のテーブルに来た人たちに、イスが一つ足りていないことに気付くこと。

「うそ~~。全然気付かなかった~」などと言わないでほしい。

 とにかく気付くことが、必要なのだ。

 また、素早く気付くためには、常日頃から、周りの人に対して、気遣いの気持ちを持っていることが必要だ。


 そして、素早く、イスを渡してあげること。

 イスを渡そうと思ったら、躊躇することなく、素早く渡すのだ。


 世界の全ての人が、常に、このような気遣いをしていれば、世の中は、今よりも、ずっと暮らしやすい状況になるはずだ。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

大和思想を実践しよう 2019年8月1日

大和思想を実践しよう
08 /01 2019
 皆さん、今日は8月1日です。

 毎月1日は、「大和思想を実践する日」です。

 今日は意識して、大和思想を実践しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 あなたは、「誇り」の持てる生き方をしていますか?

 人間、「どれだけ生きたか」より「どうやって生きたか」が大事です。

 今日は、「自分は、誇りの持てる生き方をしているか?」を考えてみましょう。


 どのような生き方をするか。

 それを決めるのは、あなたです。

 私としては、ぜひ、「誇り」の持てる生き方をしてほしいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大和思想とは、「『世の中の全ての人が、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめること』によって『共存共栄の世の中』を実現させ、世の中の全ての人と共に『幸福』になる」という思想です。

 そこで、今日は、「家族」においては、常に、自ら率先して、「家族を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その家族の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「友人の集まり」においては、常に、自ら率先して、「その友人の集まりを『共存共栄の世の中を維持しつつ、その友人の集まりの目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「会社」においては、常に、自ら率先して、「会社を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その会社の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「国家」においては、常に、自ら率先して、「国家を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その国家の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

 そして、「世界」においては、常に、自ら率先して、「世界を『共存共栄の世の中』にするための働きかけ」をしましょう。


 また、今日は、大和思想のアファメーションをしましょう。



※大和思想のアファメーションについての説明は こちら


 みんなで大和思想を実践しましょう。

 そして、共存共栄の世の中を実現させましょう。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

飛んで火に入(い)る夏の虫

幸福になるための知恵
07 /28 2019
 昨日の夜、部屋にいたら、天井に黒い点が見えた。

「ん?」

 よく見ると、てんとう虫だ。黒色に赤い点が二つ。ナミテントウだ。

 どうやら、部屋の灯りに引き寄せられて、入ってきたようだ。

「こんなとこに来ちゃ、ダメじゃないか~」

 そう思って、捕まえて外に放してやった。


 夏になると、街灯などの灯りに、たくさんの虫が集まってくる。

 彼等は、なぜ、街灯に集まるのだろう?

 詳しいことは知らないが、「なんとなく、良さそうだから」来てしまうのだろう。

 だが、「なんとなく、良さそうだから」来て、車にひかれたり、感電したりする虫がたくさんいる。

「飛んで火に入(い)る夏の虫」だ。


 人間にも似た習性がある。

 人間は、華やかな場所に集まる。

 なぜ集まるのかは分からない。「なんとなく、良さそうだから」集まるのだろう。

 だが、華やかな場所に行っても、結局、「華やかな場所特有のストレス」に疲れ果ててしまう。

 人間も、「飛んで火に入(い)る夏の虫」なのだ。


 だが、人間は虫とは違って、考えることができる。

 だから、「幸福を感じるためには、どのような環境に身を置く必要があるか」を考え、その環境に身を置くことができる。

 大和思想では、幸福を感じるためには、「自分の尊厳が保たれていること」によって得られる「精神的充足、安定」が不可欠だと考える。

 つまり、幸福を感じるためには、「自分の尊厳が保たれる環境」「自分が尊重される環境」に身を置く必要があるということだ。単純にいうと、「人間関係がいい環境」だ。


 華やかな場所でも、そうでない場所でもいい。

 だが、幸福を感じるためには、「自分の尊厳が保たれる環境」「自分が尊重される環境」に身を置く必要があるのだ。

 つまり、幸福を感じるためには、積極的に、そのような環境に身を置くこと、積極的に、そのような環境をつくりだすことが必要なのだ。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!