FC2ブログ

精神的苦しみを解消する方法

自分の精神を安定させよう
10 /20 2019
 全ての人には、少なからず、思い出したくないような「つらい過去」「苦しい体験」「恥ずかしい経験」等があると思います。

 ほとんどの人は、時間とともに、その記憶が薄れたり、その人なりに上手く解釈したりして、深刻な影響を受けずに生活していますが、中には、過去の経験に縛られて、幸福な人生を歩めなくなっている人もいます。


 過去の経験に縛られないようにするためには、「自分の運命を受け入れること」が必要です。

 ※ここで言う「運命」とは、「人生で起こる全ての出来事」のことで、「神が定めたこと」「『生まれてから死ぬまでの間に起こる全ての出来事』は、神によって定められている」等のことではありません。


 人間の全ての「精神的苦しみ」は、「『理想(欲が満たされた理想の状況)』と『現実(欲が満たされていない現状)』の間に『差』があること」によって生まれます。


 ここで言う「欲」とは、「~が欲しい」「~を手に入れたい」といった「欲求」のことですが、この「欲」が湧いた時点では、つまり「~が欲しい」と思った時点では、「その『~』は手に入れていない状況」にあります。

 ですから、人間は「~が欲しい」「~を手に入れたい」と思うと、「その『~』を手に入れた状況(欲が満たされた理想の状況)」と「『~』を手に入れていない現状(欲が満たされていない現状)」の「差」に少なからず「不満足」を感じます。

 また、「~をしたくない」というのも同じで、「~をしたくない」と思った時点では、「『~』をしなければならない状況」にあります。

 ですから、「~をしたくない」と思うと、「『~』をしなくていい状況(欲が満たされた理想の状況)」と「『~』をしなければならない現状(欲が満たされていない現状)」の「差」に少なからず「不満足」を感じます。


 このように、人間は、「『理想(欲が満たされた理想の状況)』と『現実(欲が満たされていない現状)』の間に『差』があること」によって「不満足」を感じるので、「もっといい生活がしたい」「もっと強くなりたい」「もっとキレイになりたい」「もっとお金が欲しい」「もっと権力を手に入れたい」「もっと癒されたい」「もっといい人に出会いたい」「もっと楽しみたい」「出世したい」「有名になりたい」「相手にされたい」「いい家に住みたい」「旅行をしたい」「努力をしたくない」「仕事をしたくない」「勉強をしたくない」と思えば思うほど、より多くの「不満足」を感じることになります。

 また、それを強く思えば思うほど、「理想」と「現実」の「差」が明確になるので、より強い「不満足」を感じることになるのです。


 さて、「『理想(欲が満たされた理想の状況)』と『現実(欲が満たされていない現状)』の間に『差』があること」によって「精神的苦しみ」は生まれるので、「精神的苦しみ」を解消するためには、その「差」を解消する必要があるのですが、「自分の運命を受け入れること」ができれば、その「差」は解消されます。

 そして、その「差」が解消されるので、「精神的苦しみ」も解消されます。


 例えば、人によっては「困難」に直面すると、「困難がなければいいのに」という、「困難がない状況」を欲する「欲」を持ちますが、このような「欲」でも、強く持てば持つほど「理想」と「現実」の「差」が明確になるので、より精神的に苦しむことになります。
 ですが、どのような「困難」に直面しても、「そういうこともある」「人生は山あり谷ありである」「世の中には『自分よりも大変な状況にいる人』がいる」と考え、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、じたばたせず、「前向きに生きる覚悟」を決めることができるようになるので、「精神的苦しみ」は、少なからず解消されます。

 また、人によっては、年をとって体力が衰え、若い頃と同じように活動することができなくなると、「年はとりたくない」「若くありたい」という「若さ」を求める「欲」を強く持つようになります。
 そして、その「理想」と「現実」の「差」に苦しむことになります。
 ですが、たとえ年をとって体力が衰えても、「人生とはそういうものである」「全ての人が同じ経験をしている」「年相応であることが大切である」と考え、「『年をとること』を受け入れること」ができれば、必要以上の「気負い」や「若者と張り合う気持ち」がなくなり、気持ちが楽になります。

 また、人間には「生きよう」とする「欲」があるので、人によっては「死」に直面すると、「生きたい」という「欲」を必要以上に強く持ちます。
 そして、そのために、かえって「恐怖」に怯え、苦しむことになります。
 ですが、たとえ「死」に直面しても、「生きているものは必ず死ぬ」「人が死ぬのは自然なことである」「『生まれること』と『死ぬこと』はセットになっている」「人間は、ただ生きて、ただ死ぬだけである」「生まれた瞬間から『死へのカウントダウン』は始まっている」と考え、「死を受け入れること」ができれば、「死」に対する「恐怖心」が減り、「死」に直面しても「落ち着き」「心の平静さ」「平常心」を保つことができるようになります。

 また、「怒られること」「嫌われること」「失敗すること」は、誰にとっても嫌なことなので、人によっては、そうなったとき、もしくは、そうなりそうなときに、「それを避けたい」という「欲」を強く持ちます。
 そして、そのために、必要以上に動揺したり、取り乱したり、落ち込んだり、悲しんだりします。
 ですが、そのようなことも、「次回から気を付ければいい」「すでに起こったことは仕方がない」と受け入れることができれば、必要以上に動揺したり、取り乱したり、落ち込んだり、悲しんだりすることはなくなります。

 また、「出世」「名声」「地位」「成功すること」を望むのは自然なことですが、人によっては、それを必要以上に強く求めてしまい、そのために、活動がうまくいかないときや、作業がはかどらないときに、「イライラ」「せかせか」し、「ストレス」を多く抱えてしまいます。
 ですが、たとえ「高い理想」を持っていたとしても、それと同時に、「自分の『運命』を受け入れる感覚」もしっかり持っていれば、どのような状況になっても、どのような結果になっても、常に「冷静さ」を保っていられます。

 また、経済、学問、スポーツ、芸能等、様々な分野で、「一時的に脚光を浴びた人」が、その後、脚光を浴びなくなったときに、過去の栄光に縛られて、「現在の自分を受け入れられないこと(『いつまでも脚光を浴びていたいという欲』を強く持つこと)」があります。
 そして、そのために苦しみ、「投げやり」になったり「自暴自棄」になったりすることがあります。
 ですが、「自分は、一時的にでも脚光を浴びたのだから恵まれている」「自分は一時的にでも、他の人より世の中に貢献できたのだから恵まれている」と、「現状を受け入れること」ができれば、「プライド」や「プレッシャー」から解放されて、気持ちが楽になります。

 また、人によっては、思い出したくない程の「後悔」や「失敗」や「嫌な経験」があると、それを受け入れることができず(「それがなければいいのに」という「欲」を強く持ち)、そのために、いつまでも苦しい思いをし、「前向きに生きること」ができなかったり、「うつ」になったりすることがあります。
 ですが、そのようなことも、「失敗をしない人など、どこにもいない」「失敗は次に生かせばそれでいい」「過ぎたことをいつまでも考えていても仕方がない」「いつまでも、くよくよしていても意味がない」と受け入れることができれば、気持ちが切り替わり、「過去にとらわれずに、未来に目を向けよう」「過去はともかく、これからの人生をいいものにしよう」というような、「前向きに生きる意欲」が湧いてきます。

 また、「能力」や「人格」を向上させる上で「理想を高く持つこと」は重要ですが、「理想を高く持つ」だけで、「失敗」「自分の短所」「能力が劣っていること」「うまくできないこと」等を受け入れる感覚を持っていなかったら、「理想」と「現実」の「差」が必要以上に気になったり、「失敗」したときの「ショック」が大きくなったりします。
 ですが、「『ありのままの自分』を受け入れる感覚」「どのような結果でも受け入れる感覚」をしっかり持っていれば、常に「落ち着き」「心の平静さ」を保っていられます。

 また、世の中には、「何でも『自分の思いどおり』にしたい」「細かいところまで『自分の思いどおり』でなければ気がすまない」と言う人がいますが、人生では、「自分が望んでいないこと」がたくさん起こりますし、世の中には、「『自分の思いどおり』にならないこと」がたくさんあるので、そのような感覚を強く持っていると、毎日起こる「『自分の思いどおり』にならないこと」に、いちいち腹を立て、「自分が望んでいないこと」に、いちいち「ショック」を受け、毎日の生活が嫌になり、人生そのものが苦痛になってしまいます。
 ですが、「何から何まで『自分の思いどおり』になるはずがない」「全ての人が同じ状況の中で生活している」と考え、「普段の生活の中で起こる全ての出来事」を受け入れることができれば、そのような苦しみはなくなり、「心の平静さ」を保てるようになります。

 また、「努力に対する『正当な評価』を求めること」や「貢献したことに対する『正当な見返り』を求めること」は、ある意味当然のことですが、そのような「正当な欲」でも、それを強く持っていると、それが受けられなかったときに、とても大きなショックを受け、非常に落ち込むことになります。
 ですが、たとえ、それが受けられなかったとしても、「そういうこともある」「悪いことをしたわけではないのだから問題ない」と考え、それを受け入れることができれば、それによって苦しむことはなくなります。


 このように、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、「理想」と「現実」の「差」は解消するので、「精神的苦しみ」は解消されるのです。

 つまり、どのようなことがあっても、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、それによって苦しむことはなくなるのです。


 このことを、よく覚えておきましょう。

 重要なのは、過去のつらい経験等を、精神的に苦しまないように「上手く解釈する」ことです。
「運命を受け入れるように解釈する」ことです。


 いつまでも過去に縛られて、幸福な人生を歩めないのは、もったいないことです。
 私たちは、過去の事実を変えることはできませんが、それを受け入れることによって、「精神的苦しみ」からは解放されるのです。


※「受け入れることができないような経験」は、アファメーションを活用して、無意識のレベルから、受け入れるようにしましょう。 アファメーションとは



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



衆議院第一議員会館で行なわれた、「ここが問題 日米FTA ー各党、議員に聞くー」に行ってきました

社会活動をしよう
10 /13 2019
 10月10日に、衆議院第一議員会館で行なわれた、「ここが問題 日米FTA ー各党、議員に聞くー」に行ってきました。 ※主催 TPPプラスを許さない!全国共同行動

ここが問題 日米FTA ー各党、議員に聞くー」

山田 まさひこ


 出席者として、立憲民主党から、福島みずほ、福田あきお、亀井あき子、国民民主党から、篠原たかし、日吉ゆうた、共産党から、紙智子、井上さとし、田村貴昭、無所属の芳賀みちや等の議員が参加していました。

各議員


 参加した議員の中には、純粋に日本を守りたいと思っている人と、政治的思惑から参加している人がいたように思います。


 日米貿易交渉(FTA)は、アメリカにとってメリットがあり、日本にとってはメリットがないようです。

 アメリカの農産物を日本に買わせる内容で、表向きはともかく、日本は無理矢理合意させられているようです。

 アメリカから安い農産物が入ってくれば、当然、国内の農産業は、大打撃を受けることになるでしょう。


 貿易のあり方に限らず、金融のあり方、経済のあり方に問題がある今の世の中ですが、「結局どうすればいいのか」ということが、根本的に重要です。

 今の経済のあり方には、根本的な問題があります。

 根本的な考えとして、今の世の中は、社会の「安定」よりも「発展」を優先させています。

「発展することが、人間の幸福につながる」という考えが根本にあります。

 そのため、企業の目的は「利益の最大化」と言われています。


 ですが、そのような考えが根本にあると、世界規模で経済競争が激しくなり、コストを抑える必要性から、大規模なリストラが行なわれたりするようになります。

 そして、その結果、格差が広がり、貧困が増え、ストレスが増え、それらが原因となって犯罪も増えてしまいます。

 それが、今、世界的に起こっていることです。


 ですから、今、私たちがやらなければならないことは、「発展を優先させる社会」から「安定を優先させる社会」へ方向転換することです。それを世界規模でやる必要があるのです。

 今の人類は、「発展を優先させる社会」から「安定を優先させる社会」へ方向転換するべき時期にあると、私は考えています。


 それでは、「安定とは、どういう状態か」ということになりますが、それは、以下の項目が満たされている状態を「安定」と考えるのがいいと思います。


[1]
○犯罪の発生率が低い
○自殺率が低い
○病死、事故死の発生率が低い
○交通事故の発生率が低い
○失業率が低い
○経済格差が小さい

[2]
○衣、食、住等の、生活に必要なものが行き渡っている
○子供から老人まで、全ての人が、健康に、安全に暮らせる環境である(食や水の安全が保たれている、健康を維持できる住環境である、育児に適した環境である、児童虐待がない、福祉が充実している、環境汚染がない等)
○教育が行き届いている(識字率が高い、待機児童がいない、正しい教育、正しい道徳教育が行なわれている等。その社会に必要な教育が行き届いている状態で、教育を無理やり押し付けるという発想ではない)

※これらは、判断する人の「価値観」によって、必要とする度合いが変わる。


 これらを「『幸福』になるために必要な『社会の条件』」として、貿易、金融、経済のあり方、教育、政治等、全ての社会システムのあり方、また、個人、メディア等のあり方を、これらを満たすことができるものにする必要があると、私は考えています。

 これらを損なうような、貿易、金融、経済のあり方、教育、政治等、全ての社会システムのあり方、また、個人、メディア等のあり方は認めないという世の中にすることが、根本的に重要なことなのです。


 私は、これらが満たされている社会を求めるのは、全ての人に等しく認められた権利だと思います。これこそが、人権なのではないでしょうか?


「『幸福』になるために必要な『社会の条件』」について、詳しく知りたい方は、こちら をどうぞ。



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

通潤橋(つうじゅんきょう)

世のため人のために頑張っている人達
10 /06 2019
 通潤橋(つうじゅんきょう)の話を知っているだろうか?

 戦前の修身の教科書に載っている話で、公益のために一生懸命働くことの重要性(素晴らしさ)を説明している。

 先日、オイラは、この通潤橋へ行ってきた。

通潤橋2

 そこで、この話を紹介したいと思う。


 以下、さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」からの転載です。


 熊本の町から東南十数里、緑川の流れに沿うて、白糸村(しろいとむら)というところがあります。

 あたり一面、高地になっていて、緑川の水は、この村よりずっと低いところを流れています。白糸村は、このように川に取り囲まれながら、しかも川から水が引けないところです。

 それで昔は水田が開けず、畠の作物はできず、飲み水にも困るくらいでした。村人たちは、よその村々の田が、緑の波をうつのを眺めるにつけ、豊かに実って金色の波が打つのをみるにつけ、どんなにかうらやましく思ったでしょう。

 今からおよそ百年ほど前、この地方の総庄屋に布田保之助(ふたやすのすけ)という人がありました。

 保之助は村々のために道路を開き、橋をかけて交通の便をし、堰を設けて水利をはかり、大いに力を尽くしましたが、白糸村の水利だけはどうすることもできないので、村人たちと一緒に、水のとぼしいことを、ただ嘆くばかりでした。

 いろいろ考えたあげくに、保之助は、深い谷を隔てた向こうの村が、白糸村よりも高く、水も十分にあるので、その水をどうかして引いてみよう、と思いつきました。

 しかし、小さなかけいの水ならともかくとして、田をうるおすほどのたくさんの水を引くのは、なまやさしいことではありません。

 保之助は、まず木で水道をつくってみました。ところが、水道は激しい水の力で、ひとたまりもなく壊され、堅い木材が深い谷底へばらならになって落ちてしまいました。

 けれども、一度や二度のしくじりで、志のくじけるような保之助ではありません。今度は、石で水道をつくろうと思って、いろいろ実験してみました。

 水道にする石の大きさや、水道の勾配を考えて、水の力のかかり方や、吹きあげ方など詳しく調べました。とりわけ、石の継ぎ目から、一滴も水を漏らさないようにする工夫には一番苦心しました。

 そうして、やっと、これならばという見込みがついたので、まず谷に高い石橋をかけ、その上に石の水道をもうける計画を立てて、藩に願い出ました。

 藩の方から許しがあったので、一年八カ月を費やして、大きなめがね橋をかけました。高さが十間余り、幅が三間半、全長四十間。そうして、この橋の上には、三すじの石の水道がつくってありました。

 始めて水を通すという日のことです。保之助は、礼服をつけ、短刀を懐にして、その式に出かけました。万が一にも、この工事がしくじりに終わったら、申し訳のため、その場を去らず、腹かき切る覚悟だったのです。

 工事を見届けるために来た藩の役人も、集まった村人たちも、他村からの見物人も、保之助の真剣なようすを見て、思わずえりを正しました。

 足場が取り払われました。しかし、石橋は、びくともしません。やがて水門が開かれました。水は、勢い込んで長い石の水道を流れてきましたが、石橋はその水勢に耐え、相変わらず谷の上に高くどっしりとかかっていました。

 望みどおりに、水がこちらの村へ流れ込んだのです。

「わあ」という喜びの声が上がりました。

 保之助は、永い間、苦心に苦心を重ねた難工事ができ上がったのを見て、ただ涙を流して喜びました。そうして、水門をほとばしり出る水を手に汲んで、おしいただいて飲みました。

 まもなく、この村にも、水田の開ける時が来て、百町歩(ぶ)ほどにもなりました。しだいに村は豊かになり、住む人は増えて、藩も大いに収益を増すようになりました。

 橋の名は通潤橋(つうじゅんきょう)と名付けられ、今もなお深い谷間に虹のような姿を横たえて、一村の生命を支える柱となっています。



 話の中に、次の文がありました。

 始めて水を通すという日のことです。保之助は、礼服をつけ、短刀を懐にして、その式に出かけました。万が一にも、この工事がしくじりに終わったら、申し訳のため、その場を去らず、腹かき切る覚悟だったのです。
 工事を見届けるために来た藩の役人も、集まった村人たちも、他村からの見物人も、保之助の真剣なようすを見て、思わずえりを正しました。


 保之助は、自分のためでなく、公益のために、これほど真剣に取り組んだということですが、これは、すごいことです。

 今の世の中には、いろんな問題がありますが、多くの人が、このレベルの「真剣さ」「本気さ」で取り組めば、多くの問題は解決するはずです。

 困難な問題を解決できるかどうかは、取り組む人の「本気さ」「真剣さ」にかかっているのです。



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

大和思想を実践しよう 2019年10月1日

大和思想を実践しよう
10 /01 2019
 皆さん、今日は10月1日です。

 毎月1日は、「大和思想を実践する日」です。

 今日は意識して、大和思想を実践しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大和思想は、優先順位の一番を「世の中全体」にしています。

 全ての人が、優先順位の一番を「自分」にしていたら、世の中は争いばかりになり、誰一人、幸福になれなくなるからです。

 大和思想の対極にあるのは、「自分さえ良ければいい」という思想(考え)なのです。

 今日は、優先順位の一番を「世の中全体」にして過ごしましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大和思想とは、「『世の中の全ての人が、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめること』によって『共存共栄の世の中』を実現させ、世の中の全ての人と共に『幸福』になる」という思想です。

 そこで、今日は、「家族」においては、常に、自ら率先して、「家族を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その家族の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「友人の集まり」においては、常に、自ら率先して、「その友人の集まりを『共存共栄の世の中を維持しつつ、その友人の集まりの目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「会社」においては、常に、自ら率先して、「会社を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その会社の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「国家」においては、常に、自ら率先して、「国家を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その国家の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

 そして、「世界」においては、常に、自ら率先して、「世界を『共存共栄の世の中』にするための働きかけ」をしましょう。


 また、今日は、大和思想のアファメーションをしましょう。



※大和思想のアファメーションについての説明は こちら


 みんなで大和思想を実践しましょう。

 そして、共存共栄の世の中を実現させましょう。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

EARTH MALL

買い物を通じて共存共栄を実現させよう
09 /22 2019
 誰もが、日常的に行なっている「買い物」。

 この「買い物」を通じて、共存共栄の世の中を実現させ、維持することができるとしたら?


「生態系への配慮が行き届いた森林から生産されたもの」や「水産資源や海洋環境を守って獲られた水産物」など、生物多様性のことをしっかり考えて生産、販売された商品やサービスを選ぶことは、生物の多様性を守ることにつながります。
 また、それは、生物多様性に配慮している生産者や企業を応援することにもなります。

 また、環境破壊や人権侵害を顧みずに活動している企業、ブラック企業の商品を買わず、そのサービスを受けなければ、そのような企業に、直接打撃を与えることができます(非買運動)。

 つまり、商品を購入するとき、サービスを受けるときに、環境、健康、人権等に配慮したものを購入すれば、また、それらに配慮して生産している会社のものを購入すれば、それは、共存共栄の世の中を実現させ、維持することにつながるのです。

 例えば、
○エコマーク等がついた「環境に優しい商品」を選んで買う
○ポリエステル、ナイロン、アクリル等の素材の服は、洗濯するたびにマイクロプラスチックが出るので、綿100%の服を買う
○地元でとれた野菜、旬の野菜、有機野菜等を買う
○ブラック企業が提供しているサービスは受けない。商品は買わない

 できるだけ、このような発想で商品やサービスを選ぶことは、誰にでもできる、共存共栄の世の中を実現させ、維持する活動なのです。


 ここでは、このような商品を販売しているサイトを紹介します。

EARTH MALL with Rakuten

EARTH MALL ってなに?


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!