FC2ブログ

男と女の性質の違いとは!?

相手のことを理解しよう
12 /08 2019
 男性と女性の性質の違いを知ることは、とても重要です。

 人間関係を良くする上でも、組織や集団をまとめる上でも、相手の長所、短所、向き、不向き、得手、不得手等を理解することは、とても重要だからです。


 男性と女性には、様々な違いがありますが、根本的な違いは、次の2つだと思われます。

 1、肉体的な違い
 女性の体は、子供を産み、育てるようにできている。
 男性の体は、そのようにできていない。

 2、欲の強さの違い
 男性の方が、女性よりも欲が強い。
(※女性の方が欲が弱いということは、別の見方をすると、女性の方が、自分の身に起こる様々な出来事を受け入れることができるということです)

 生物の進化をさかのぼると、元は、オスとメスに分かれていなく、細胞分裂によって、子孫を残していました。

 それが、次第にオスとメスに分かれ、交尾することによって、子孫を残すようになりました。

 交尾するときに、オスとメスの両方が、相手に無関心であったら、それは行なわれません。つまり、子孫を存続させることができません。

 ですから、子孫を存続させるためには、どちらかが、積極的に、相手を求める仕組みが必要になります。

 このような理由から、子孫を存続させるための仕組みとして、オスの方が、少しだけ欲(この場合は性欲)が強くなったのだと思います。


 動物の世界を見ると、昆虫、爬虫類、魚類、鳥類、ほ乳類を問わず、基本的に、オスがメスを求めています。

 オスは、メスを手に入れるために他のオスと戦い、場合によっては死ぬこともあります。

 これは、オスには、そこまでしてでもメスを得たいという、強い欲があるということです。

 メスには、それ程の欲は見られません。

 このことから、オスの方が、欲(この場合は性欲)が強いと言えると思います。


 また、男性の方が欲が強いというのは、性欲だけでなく、欲全般に言えることです。

 歴史を見ると、女性よりも男性の方が、科学や学問において、歴史的な発見や研究をしていますし、経済においても、大きな成果を上げています。

 また、世界の三大聖人と呼ばれる、孔子、釈迦、キリストは、いずれも男性です。


 どのようなことでも、大きな成果を上げるためには、強い欲求が必要です。

「もっと知りたい」「もっと大きな成果を上げたい」「何としても実現させたい」という強い欲がなければ、様々な困難を乗り越えて、大きな成果を上げることはできないのです。


 これらのことからも、「男性の方が女性よりも欲が強い」と言えると思います。


 一応補足しますと、「男性の方が欲が強い」というのは、男性の方が「偉い」とか、「すごい」ということではありません。

 欲というのは両刃の剣で、「いいこと」に向かえばいいのですが、場合によっては、「悪いこと」に向かうこともあります。

「社会、人類に貢献したい」という欲は、強いにこしたことはありませんが、中には「自分本位な目的を実現させたい」という欲を、強く持ってしまう人もいます。

 そのような人は、当然、社会の秩序を乱したり、周りの人に迷惑をかけることになります。

 つまり、ものすごく大きな社会貢献をするのは男性ですが、社会の秩序を著しく乱すのも男性ということなのです。


 また、欲が強いと、常に少なからず欲求不満を抱えますし、目的が実現できないときの精神的苦しみは大きくなります。

 つまり、男性の方が、目的や理想を実現できないことによる精神的苦しみは大きいと言えるのです。


 男性より女性の方が欲が弱いわけですが、これは、別の見方をすると、女性の方が、自分の身に起こる様々な出来事を受け入れることができるということです。

 つまり、女性の方が、目的や理想を実現できなくても、あまり精神的に苦しまないと言えるのです。


 これらのことから分かるように、欲が強いというのは、それ自体は、「いいこと」でも「悪いこと」でもないのです。

「男性の方が女性よりも欲が強い」というのは、どちらが「偉い」「偉くない」ということではなく、単に、それぞれの性質の違いなのです。

 また、その性質の違いによって得られる「喜び」も「苦しみ」もある、ということなのです。


 さて、このような性質の違いを知ることは、人間関係を良くする上でも、組織や集団をまとめる上でも重要になります。

 自分が生きていく上で、自分の長所、短所、向き、不向き、得手、不得手等を知り、自分の長所、向いていること、得意なことを活かして生きることは、とても重要だからです。

 また、組織や集団をまとめるときには、相手の長所、短所、向き、不向き、得手、不得手等を知り、相手の長所、向いていること、得意なことを活かしてまとめることは、とても重要だからです。

 男性と女性の性質の違いを理解すれば、それらを行なうときに、必ず役に立つはずです。


 男性と女性の性質の根本的な違いは、

 1、肉体的な違い
 女性の体は、子供を産み、育てるようにできている。
 男性の体は、そのようにできていない。

 2、欲の強さの違い
 男性の方が、女性よりも欲が強い。
(※女性の方が欲が弱いということは、女性の方が、自分の身に起こる様々な出来事を受け入れることができるということです)

 そして、これらの違いから、様々な違いが派生しているのです。



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



相手のことを理解しよう

相手のことを理解しよう
03 /10 2019
「近頃の若い人は、よく分からない」「あの人は、何でそんなことするんだろう?」「いくら言ってもダメだからイライラする」

 そんな風に思ったことはありませんか?


 全ての人は、自分の考えや感性を持った独立した個人です。

 ですから、世の中に、何から何まで自分と同じ考えという人は、一人もいませんし、自分には理解できない行動をする人もたくさんいます。

 また、最近は、学校教育で個性を伸ばすようにしていますが、個性(その人の特性、感性、オリジナリティ)が伸びたら、ますます、その人のことは理解できなくなります。


 でも、それでいいんです。

 世の中には、多様な人間がいた方がいいんです。

 多様な人間がいるということは、自分にはできないことができる人、自分にはない知識を持っている人、自分には考えつかないアイディアを持っている人等がいるということです。

 また、客観性を得ることもできるということです。

 ですから、世の中に多様な人間がいる方が、世の中は、より楽しいですし、より発展しますし、人類は、様々な状況に対処することができるのです。

 ですから、人類にとって、多様な人間が存在していることは、実際は、とても重要なことなのです。


 ですが、社会生活において、相手を理解することができないと、様々な問題が起こります。

 相手を理解することができないと、「人をまとめること」ができないので、家族、友人の集まり、地域社会、会社、国家、世界等の、集団(組織)をまとめることができません。

 また、相手を理解できないと、そこから人間関係のトラブルに発展することもあります。

 ですから、よりよい人生を送る上で、相手のことが理解できるようになることは、とても重要だと言えます。


 では、相手を理解するためには、どうすればいいのでしょうか?


 相手を理解する上で、根本的に重要なことは、「本気で相手を理解しようとすること」です。

「よく分からない」「理解できない」と思ったときに、それをそのままにしないで、「なんでだろう?」「どうして、そういうことをするんだろう?」と、よく考えること、つまり、「本気で相手を理解しようとすること」が重要なのです。

「よく分からない」「理解できない」と思ったときに、それをそのままにしておくから、いつまでたっても分からないのです。


 また、「相手の立場に立って、その人の気持ちを考えること」も重要です。

 基本的に、全ての人は、自分の感覚という「フィルター」を通して世の中を見ていますが、そのような見方で相手を見ても、理解できることには限界があります。

 勇気がある人が、自分の感覚で、勇気がない人の行動を見ても、「よく分からないこと」ばかりです。

 様々な人生経験を積んだ40代、50代の人が、自分の感覚で、社会に出たばかりの20代前半の若者の行動を見ても、「理解できないこと」ばかりです。

 男性が、自分の感覚で、女性の行動を見ても「理解できないこと」ばかりですし、その逆も、しかりです。

 その他にも、「裕福な人」と「貧しい人」、「政治家」と「国民」、「恵まれた家庭環境で育った人」と「恵まれない家庭環境で育った人」、「頭がいい人」と「頭が悪い人」、「強い人」と「弱い人」、「かっこいい人」と「かっこわるい人」、「自分の国の人」と「他の国の人」等、自分と違う感覚や状況の人との間には「理解できないこと」が、たくさんあります。

 ですが、そのようなときに、「相手の立場に立って、その人の気持ちを考える」と、その人の気持ちが、少なからず理解できるようになるのです。


 相手の考え、感性、立場、状況等をよく考えてみてください。

 そして、自分がその状況にあると想像してください。

 そして、その人の気持ちをよく考えてください。

 そうすると、相手の気持ちが、少しずつ分かってくるのです。


 人間は「社会的生き物」なので、様々な人との関わりを持って生きています。

 そのような中で、相手のことを理解できないと、人生が、つまらないものになってしまいます。

 ですから、人生をより良くするために、相手のことを理解するようにしましょう。


 まずは、「本気で相手を理解しようとすること」です。

 そして、「相手の立場に立って、その人の気持ちを考えること」です。

 そうすれば、少なからず、相手のことが理解できるようになるはずです。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!