FC2ブログ

我、日に、我が身を三省す

幸福になるための知恵
06 /09 2019
「論語」って知ってますか?


 論語は、孔子と弟子たちの会話や行動が記されている儒教の経書だ。

 論語からは、様々な人生訓が学べるということで、江戸時代には、武士、町人、農民を問わず、多くの人が読んでいた。

 オイラが初めて論語を読んだのは、10年くらい前だが、初めて読んだときに頭に残り、今でも忘れない言葉がある。

 それは、”我、日に、我が身を三省す(私は、一日に、何度も自分の行ないを省みる)”という言葉だ。
※ちなみに、これは、孔子の弟子の曽参(そうしん)の言葉です。

 なぜ、この言葉が頭に残ったのかは分からない。

 だが、この言葉は、今でも頭に残っている。


 人間が成長する上で、自分の行ないを省みることは不可欠だ。

「あのときの判断は、正しかっただろうか?」

「ああいう言い方をしたけど、別の言い方の方が良かったか?」

「さっきは、ベストを尽くしたと思ったけど、本当にベストを尽くしただろうか?」

「あのとき、ああしておけば良かったのではないか?」

 このように、自分の行ないを省みることは、自分の成長につながるのだ。


 企業の経営においては、「Plan」「Do」「Check」ということが言われているが、これも同じだ。

「計画を立てる(Plan)」
「その計画に基づいて行動する(Do)」
「その行動の結果を分析する(Check)」=省みる

 さらに、「その分析に基づいて計画を立てる(Plan)」
「その計画に基づいて行動する(Do)」
「その行動の結果を分析する(Check)」=省みる

 これを繰り返せば、どのようなことでも理解が深まり、技術が身に付き、コツをつかむことができる。そして、目的を実現させることができる。


 これは、どんなことにも当てはまる。

 身近なことでいうと、料理の仕方、野菜の切り方、部屋の片付け方なんかも、これを繰り返せば上達する。

 説明の仕方、人との接し方、いい人間関係の築き方等も上達する。

 経営の仕方、人の育て方等も上達する。

 何でも上達するのだ。


 みんなも、自分を成長させるために、常に、頭にいれておこう。

”我、日に、我が身を三省す(私は、一日に、何度も自分の行ないを省みる)”


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

電車内で「椅子取りゲーム」が勃発した話

幸福になるための知恵
05 /05 2019
「う~…。今日は酔っぱらった…」

 普段は酒を飲まないオイラだが、今日は、知り合いと、それなりに飲んでしまった。


 高円寺で飲んだので、今日は中央線で家に帰る。

 電車は、満員というわけではないが、それなりに混んでいる。

 周りを見ると、オイラの他にも、酔っぱらいが数人いる。

 酔っぱらっているときに、混んでる電車に乗るのは、正直ダルイ。

 周りの酔っぱらいも、つらそうにしている。

 でも、「ま~、そうときもあるよね…」。


 ある駅で、多くの人が電車から降りていった。

 オイラは、まだ降りないので、フラフラしながら、人の流れに巻き込まれないように立っていた。

 優先席に、一人座れるスペースができたのが見えた。

 その席の前に立っていた人=ヤスシ(仮名)が、網棚から荷物を降ろしている。

「ヤスシも電車から降りるのか」と思いきや、ヤスシは荷物を下ろして、空いたスペースに座る様子だ。

 と、その瞬間、

 ヤスシの横にいた人=キヨシ(仮名)が、一瞬早く、そのスペースに座る体勢に入った。

 不意をつかれたヤスシは、荷物を降ろそうとしたままの体勢で、キヨシを阻止しようとしている。

 ヤスシとキヨシは、軽く酔っぱらっているようだが、互いに席を譲るまいと、軽くもみ合いになった。

「大人の椅子取りゲーム」の勃発だ!!


 どうなるのかと思って見ていたが、結局、先に座る体勢に入ったキヨシが、割り込む形で、そこに座った。

 ヤスシは、横取りされた形になったので、納得がいかない。キヨシに文句を言っている。

 キヨシは、うつむいたまま、それを無視している。

 オイラは、イヤホンで音楽を聴いていたので、何を言っているのか聞き取れなかったが、ヤスシは、しばらく文句を言っていた。


 キヨシの隣に座っていたおばさんは、気まずくなったようだ。

「私、次の駅で降りるから座ってください」と、ヤスシに席を譲っている。

「いや、いや、大丈夫です。座っててください」と、ヤスシは言っている。


 オイラの目には、ヤスシは、荷物を降ろして、電車から降りるように見えたので、キヨシにも、そう見えたのだと思う。もともと悪気があったのではないように思える。

「まっ、そういうこともあるよね」って感じだ。


 気まずい空気、静かな空気が、しばらく続いた。


 次の駅で、座っていたキヨシが、電車から降りていった。

 と、その瞬間、

 こともあろうに、ヤスシが、最後の文句を、大きな声で言い放った。

「お前なんか、一生○×△○×△!!」

 キヨシは立ち止まった。

 そして、こちらを振り向き、すごい剣幕で電車に戻ってきた。


「………!?」


 オイラの右に、キヨシがいる。

 オイラの左に、ヤスシがいる。

 オイラを挟んで、キヨシとヤスシが、にらみ合っている。

 今にも勃発しそうな感じだ。


「トゥルルルルル…。3番線から、電車が発車します。黄色い線の…」

 時間にすると、ほんの数秒だったと思うが、オイラは、とりあえず止めようと思った。

 そして、キヨシに、「まぁ、まぁ、まぁ~」というジェスチャーをした。


 しばらくして、キヨシは、電車から降りていった。

 そして、扉が閉まった。

 だが、キヨシは、相当ムカついていたらしく、電車に5回ほど蹴りを入れた。

 だが、キヨシは、その後オイラの方を見て、右手を軽く上げ、「悪いね」というジェスチャーをした。

 オイラは、軽くうなづいた。


 しばらく平穏な時間が過ぎた。

 そして、次の駅で、今度はヤスシが降りていった。

 ヤスシは、降りるときにオイラに向かって、笑いながら「悪かったね」と言った。

 オイラも笑顔で返した。



 こんなこともある。

 そんなこともある。


 ヤスシもキヨシも、悪い人には見えない。

 ほんの少し「広い心」があれば、「譲り合う心(謙譲の精神)」があれば、互いにムカつき合うことはないのだが…。


 これは、きれいごとではない。

 幸福な人生を歩むための知恵なのだ。


 小さなことにこだわっていると、ムカつくことが多くなる。

「広い心」「譲り合う心(謙譲の精神)」を持っていれば、ムカつくことは少なくなる。


「ムカつくことが多い人生」と「ムカつくことが少ない人生」と、どちらの方が幸福な人生なのだろうか?


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

論理的思考能力を持とう

幸福になるための知恵
04 /21 2019
 ※ここで言う「論理的思考能力」とは、「物事と物事を『正しく関係付けて』思考を進める能力」という意味です。


 論理的思考能力は、計画立案や問題解決をするために必要な能力です。

「嘘」と「本当」を見分けるためにも必要です。

 フェイクニュースや間違った情報に振り回されず、真実を見抜くためにも必要です。

 つまり、論理的思考能力は、生きていく上で、必要不可欠な能力だと言えます。

 ですが、世の中には、論理的に考えない人がたくさんいます。


 1+1(いち たす いち)は、何でしょう?

 そうです。2です。


 では、もし、世界の全ての人が、「1+1=3だ!!」と言ったら、答えは3でしょうか? 2でしょうか?

 アメリカの大統領も、日本の総理大臣も、中国の国家主席も、ロシアの大統領も、世界の全てのマスコミも、世界の全ての学者も、みんながみんな「1+1=3だ!!」と言ったら、その答えは3でしょうか?

 どう思いますか?




 誰が何と言おうと、1+1の答えは2です。

 袋の中にリンゴが1つあります。

 その袋に、もう1つリンゴを加えます。

 袋の中に、リンゴは全部で何個あるでしょう?


 そうです。答えは2個です。これが、1+1=2ということなのです。

 ですから、誰が何と言おうと1+1=2なのです。

 論理的に言って、1+1=2なのです。

 みんなが言っているかどうかは関係ありません。

 論理的に正しいかどうか(物事と物事が正しく関係付けられているかどうか)が問題なのです。


 この論理的思考能力を説明するために、大和思想の五章から、「『論理的思考能力』を持っている」を抜粋したいと思います。


~~~~~~~~~ 大和思想 五章から抜粋 ~~~~~~~~~~


 「論理的思考能力」を持っている

 ※ここで言う「論理」とは、「物事」と「物事」の間にある「法則的なつながり、関係」という意味です。
 また、「論理的に思考する」とは、「物事と物事を『正しく関係付けて』思考を進める」という意味です。
 また、「論理的思考能力」とは、「物事と物事を『正しく関係付けて』思考を進める能力」という意味です。

 また、ここで言う「思考する(考える)」とは、「『目的』を持って考えること」です。
「『目的を実現させる方法』を考える」「『問題を解決する方法』を考える」「『失敗の原因』
を考える」「『より良く行なう方法』を考える」というように、「目的」を持って行なうのが「思考する(考える)」です。

 一方、「目的」を持たずに行なうのは、「思う(思っている状態)」です。
 それは、「見たこと」「聞いたこと」「経験したこと」等に反応して「思っている」のであって、「思考している(考えている)」わけではありません。



「大和思想を実践している人」は、「論理的思考能力」を持っています。


「大和思想を実践している人」は、常に、自ら率先して、普段自分が関わっている「全体」をまとめていますが、実際に「全体をまとめる」ためには、様々なことを「考える(思考する)」必要があります。

 この「考える(思考する)」とは、「『正しい答えを導き出す』ために行なう行為」です。

「『目的を実現させる方法』を考える」「『問題を解決する方法』を考える」「『失敗の原因』
を考える」「『より良く行なう方法』を考える」、その他、どのようなことを「考える」場合でも、「『正しい答え』を導き出すため」に「考える」のであって、「『間違った答え』を導き出すため」に「考える」わけではありません。

 ですから、「考える(思考する)」ときには、必ず、「正しい答えを導き出すこと」ができる方法で思考を進める必要があります。つまり、「論理的に思考する」必要があります。


「論理的に思考する」とは、「物事と物事を『正しく関係付けて』思考を進める」ということです。

 つまり、「こうすれば、こうなる」「こうなることによって、そうなる」、そして「そうなることによって、目的が実現される」と考えるときに、「それぞれを『正しく関係付けて』思考を進める」ということです。

「こうすれば、こうなる」「こうなることによって、そうなる」、そして「そうなることによって、目的が実現される」と考えたとしても、それぞれが「正しく」関係付けられていなければ、そのとおりに作業を進めても「目的」は実現しません。

 これは、「1+2+3+4+5」を計算するときに、「1+2」「その答え+3」「その答え+4」「その答え+5」の、それぞれの計算が正しく行なわれなければ、最後の答えが正しくならないのと同じで、「思考する」ときも、それぞれを「正しく関係付けて」思考しなければ、最終的な答えは正しくならないのです。

 ですから、「考える(思考する)」ときには、必ず、「物事と物事を『正しく関係付けて』思考する」必要があるのです。つまり、「論理的に思考する」必要があるのです。


 さて、どのようなことを「考える(思考する)」場合でも、必ず「論理的に思考する」必要があるので、「論理的思考能力」は、全ての人にとって必要不可欠なのですが、世の中には、「論理的に思考する」のが苦手な人がいます。

「『論理的に思考すること』ができない」ということは、「『物事と物事を正しく関係付けて思考すること』ができない」ということですが、それができない「原因」は、いくつかあります。


「論理的に思考すること」ができない「原因」の一つは、そういう人は、「世の中の全ての『物事』に、それぞれの『法則(論理)』が備わっていること」「世の中の全ての『物事』が、それぞれの『法則(論理)』の上に成り立っていること」を理解していないからです。


 世の中の全ての「物事」には、それぞれの「法則(論理)」が備わっています。
 別の言い方をすると、世の中の全ての「物事」は、それぞれの「法則(論理)」の上に成り立っています。

 ですから、何らかの「目的」を実現させるためには、それに備わっている「法則(論理)」に則って行なう必要がありますし、常に、その「法則(論理)」に則って行なえば、常に、同じ結果を得ることができます。

 例えば、「ボールを遠くに投げる」ためには、単に「力一杯投げる」のではなく、その「動作」に備わっている「法則(論理)」を理解し、それに則って投げる必要があります。
「『ボールを遠くに投げる』メカニズム(法則、論理)」を理解し、それに則った「ボールの握り方」「脚の動かし方」「重心の移動の仕方」「腕の振り方」等をするからこそ、「ボールを遠くに投げること」ができるのです。
 また、常に、その「メカニズム(法則、論理)」に則ってボールを投げれば、常に、「遠くに投げること」ができるのです。

 また、「『植物』を理想の状態に育てる」ためには、「その『植物』の成長のメカニズム(法則、論理)」を理解し、それに則って育てる必要があります。
「その『植物』の成長のメカニズム(法則、論理)」を理解し、それに則った「種の播き方」「水のやり方」「肥料のやり方」「手入れの仕方」等をするからこそ、「その『植物』を理想の状態に育てること」ができるのです。
 また、常に、その「メカニズム(法則、論理)」に則って育てれば、常に、「理想の状態に育てること」ができるのです。

 また、「上手な文章を書く」ため、「上手な説明をする」ためには、「言語の法則(論理)」を理解し、それに則って行なう必要があります。
「言語の法則(論理)」を理解し、それに則り、「正しい単語」「正しい文法」を使って行なうからこそ、「上手な文章を書くこと」「上手な説明をすること」ができるのです。
 また、常に、「言語の法則」に則って行なえば、常に、「上手な文章を書くこと」「上手な説明をすること」ができるのです。


 このように、どのような「目的」でも、それを実現させるためには、それに備わっている「法則(論理)」に則って行なう必要がありますし、常に、その「法則(論理)」に則って行なえば、常に、同じ結果を得ることができるのですが、これは、「世の中の全ての『物事』に、それぞれの『法則(論理)』が備わっているから」「世の中の全ての『物事』が、それぞれの『法則(論理)』の上に成り立っているから」起こることです。

 もし、それぞれの「物事」に、それぞれの「法則(論理)」が備わっていなかったら、同じ「やり方」で行なっても、毎回違う結果になりますし、「やり方」や「コツ」を人に教えることも、人から学ぶこともできません。

 というより、「物事」に、それぞれの「法則(論理)」が備わっていなかったら、「やり方」や「コツ」自体がないはずなのです。

「『目的』を実現させるためには、それに備わっている『法則(論理)』に則って行なう必要がある」「常に、その『法則(論理)』に則って行なえば、常に、同じ結果を得ることができる」ということが、「世の中の全ての『物事』に、それぞれの『法則(論理)』が備わっていること」「世の中の全ての『物事』が、それぞれの『法則(論理)』の上に成り立っていること」の証拠なのです。


 このことを理解していない人は、「考える(思考する)」ときに、「論理(物事と物事の間にある『法則的なつながり、関係』)」を意識しないので、「物事」と「物事」を「正しく関係付けて」思考を進めません(論理的に思考しません)。

 それどころか、ただ漠然と考えたり、「根拠」がない、単なる「憶測」で思考を進めたりしてしまいます。

 ですから、このことを理解していない人は、それが「原因」で、「論理的に思考すること」ができないのです。


 また、「論理的に思考すること」ができない別の「原因」があります。

 それは、「論理」よりも、「自分が信じていること」「自分が思っていること」を優先させているからです。


「信じる」とは、「『理解していないけど、そうだと思いたいこと』を、そうだと思うこと」です。

「信じている状態」とは、「『理解していないけど、そうだと思いたいこと』を、そうだと思っている状態」のことです。

 つまり、何かを「信じる」とは、言ってしまえば、「ただ単に、そう思うこと」「『論理的根拠』や『論理的整合性』を無視して、そう思うこと」なのです。

 ですから、「考える(思考する)」ときに、「論理」よりも、「自分が信じていること」「自分が思っていること」を優先させて思考していたら、その時点で、「論理的に(物事と物事を正しく関係付けて)」思考していないのです。


「信じること」は、「自信を持つ(自分の能力を信じる)」「明るい未来を信じる」というように、「自分を『いい方向』へ向かわせる」上では有益ですが、実際は、「ただ単に、そう思うこと」「『論理的根拠』や『論理的整合性』を無視して、そう思うこと」なので、「論理」よりも、「自分が信じていること」「自分が思っていること」を優先させていたら、「正しい答え」を導き出すことはできないのです。

 このことから分かるように、「論理」よりも「自分が信じていること」「自分が思っていること」を優先させている場合も、「論理的に思考すること」はできないのです。


 また、別の「原因」に、「じっくり考えないこと」があります。

 どれほど頭がいい人でも、「『複雑な問題』を解決する」ためには、時間をかけて「じっくり考える」必要があります。

 誰でも、必要以上に急いで答えを出そうとしたり、「せかせか」したりして、「じっくり考えること」ができないと、「『複雑な問題』を解決すること」はできなくなるのです。

 つまり、「じっくり考えること」ができないときも、それが「原因」で、「論理的に思考すること」はできなくなるのです。


 さて、このように、人間は、いくつかの「原因」によって「論理的に思考すること」ができなくなるのですが、全ての人は、生きていくために様々なことを「考える」必要がありますし、「考える(思考する)」ときには「『正しい答え』を導き出す」必要があるので、「論理的思考能力」は、全ての人にとって必要不可欠だと言えます。

 もちろん、それは、「大和思想を実践する人」にとっても必要不可欠です。


「大和思想を実践している人」は、「普段自分が関わっている『全体』をまとめる」ために、「常に、『共存共栄の世の中を維持、つくりだす物事』と『共存共栄の世の中を乱す物事』を見分けている」必要がありますが、「論理的思考能力」がなければ、それらを見分けることはできません。

 また、「普段自分が関わっている『全体』をまとめる」ためには、ときには、「こうすれば、こうなる」「こうなることによって、そうなる」、そして「そうなることによって、『全体』がまとまる」というように、「『全体をまとめる』方法」を考える必要がありますが、「論理的思考能力」がなければ、それぞれを「正しく関係付けること」ができないので、「正しい方法」を導き出すことができません。

 また、「問題」や「失敗」の「原因」を解明するときに、「こうしたから、こういう結果になった」と結論を出したとしても、「論理的思考能力」がなければ、「こうした(原因)」と「こういう結果になった(結果)」を「正しく関係付けること」ができないので、「本当の原因」を解明することができません。

 また、「論理的思考能力」がなければ、誰かの主張を支持するにしても、別の人の主張を支持するにしても、主張の内容が理解できないので、ただ「信じて受け入れる」しかありません。
 ですから、「論理的思考能力」がなければ、「正しい主張」を支持したり「間違った主張」を支持したりしてしまいます。

 また、「論理的思考能力」がなければ「嘘を見抜くこと」ができないので、「『共存共栄の世の中』を乱す人」や「言葉が巧みな人」に簡単に騙されてしまいます。

 ですから、「論理的思考能力」は、「大和思想を実践する人」にとっても必要不可欠なのです。


「論理」とは、言うなれば、「物事の『正否』を見分けるための道具」です。

「物の『長さ』を測るための道具」は「定規」ですが、「物事の『正否』を見分けるための道具」は「論理」なのです。

「物の『長さ』を測る」ときに「定規」を当てれば、その「長さ」が分かります。

 同じように、「物事の『正否』を考える」ときに、「論理」に当てはめれば(論理的に思考すれば)、その「正否」が分かるのです。

 1メートルの「長さ」を測るときに、たとえ、10センチの「定規」しか持っていなくても、それをうまく活用すれば、目で見当を付けて測る場合よりも、よほど正確に測ることができます。

 同じように、「論理的に思考する」のが苦手な人でも、一つ一つの「物事」を根気よく「正しく関係付けて」思考を進めれば(論理的に思考すれば)、「ただ信じて、受け入れる」場合よりも、よほど「正しい答え」に近付くことができるのです。


「論理」は「客観的なもの」なので、「論理的に正しい」ということは、「『世の中の全ての人』にとって正しい」ということです。

 ですから、「『共存共栄の世の中』を実現させる方法」を「論理的」に考えて導き出し、それを「論理的」に説明すれば、世の中の全ての人に伝えることができるのです。

 また、「普段自分が関わっている『全体』をまとめる方法」を、「論理的」に考えて導き出し、それを実行すれば、「普段自分が関わっている『全体』をまとめること」ができるのです。


 これらのことから分かるように、「論理的思考能力」は、「大和思想を実践する」上で、必要不可欠な能力なのです。

 ですから、「大和思想を実践している人」は、「論理的思考能力」を持っているのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 論理的に考えない習慣が身に付くと、論理的思考能力は衰えます。

 みなさん、論理的思考能力を高めるために、常に、論理的に考えるようにしましょう。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

「思い込み(先入観)」にとらわれないようにする

幸福になるための知恵
02 /17 2019
「何の根拠もないのに、そうだと思い込んでいた」という経験、誰にでもありますよね?

 それが単なる「思い込み(先入観)」であっても、何の問題もない場合もあります。

 ですが、その「思い込み(先入観)」によって、取り返しのつかない失敗をしたり、同じ過ちを繰り返したりすることもあります。

 ですから、「幸福」な人生を歩む上で、「思い込み(先入観)」にとらわれないようにすることは、とても重要だと言えます。


「思い込み」にとらわれないようにするのは、簡単ではありません。

 なぜなら、「思い込み」にとらわれているときは、「自分は『思い込み』にとらわれている」と思っていないからです。

 それどころか、それが普通、正しいと、心の底から思っているからです。


 では、「思い込み」にとらわれないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?


「思い込み」にとらわれないようにする上で、最も重要なことは、「誰でも、意識しなければ『思い込み(先入観)』にとらわれる可能性がある」ということを意識することです。


 地球は丸いですよね?

 でも、「地球は丸い」というのを自分の目で確かめた人は、ほとんどいないはずです。

 ですが、多くの人は、「地球は丸い」と心の底から思っています。


「私は、宇宙から撮影した『丸い地球』の映像を何度も見たことがある。だから、地球は丸いに決まっている」と言う人がいるかもしれません。


 それでは、「地球が自転していること」についてはどうでしょう?

「地球が自転していること」を自分で確認した人は、ほとんどいないはずです。

 ですが、多くの人は「地球は自転している」と、心の底から思っています。


 また、「地球が自転しながら、太陽の周りを公転していること」についてはどうでしょう?

 それを、自分で確認した人は、さらに少ないはずです。

 ですが、やはり多くの人は、「地球は自転しながら、太陽の周りを公転している」と、心の底から思っているのです。


 これと同じで、私たちが持っているほとんど全ての知識は、自分で確認したものではありません。

 ですが、全ての人は、あらゆることに関して、「これは、こうだ」「それは、そうだ」と心の底から思っているのです。

 親や友人や先生から聞いたり、本やテレビやインターネット等で見ただけで、心の底から、そう思っているのです。


 情報に接するときに、全ての情報を自分で検証することはできません。

 私たちは、自分で検証せずに、様々な情報を、次から次へと蓄積しているのです。

 ですから、誰でも、「思い込み」にとらわれる可能性はあるのです。


 このように、「誰でも、意識しなければ『思い込み(先入観)』にとらわれる可能性がある」ということを意識することが、「思い込み」にとらわれないようにする上で、最も重要なことなのです。



「幸福」な人生を歩む上で、「思い込み(先入観)」にとらわれないようにすることは、とても重要です。

 ですから、「思い込み(先入観)」にとらわれないようにするために、常に、次のことを意識していましょう。


1、「誰でも、意識しなければ『思い込み(先入観)』にとらわれる可能性がある」ということを意識する
2、接する情報が正しいかどうか、自分で、しっかり考える
3、「思い込み(先入観)」だと気づいたら、すぐに改める


 これらを意識して、「思い込み(先入観)」にとらわれないようにしましょう。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

足りることを知る

幸福になるための知恵
02 /10 2019
 人間の「欲」には、限度がありません。

 ですから、大抵の人は、何の不足もなくても、「新しいもの」や「きれいなもの」を見ると、それが欲しくなります。

 何不自由ない生活をしていても、「自分より『いい暮らし』をしている人」を見ると、自分もその生活を手に入れたくなります。

 何の不満もなくても、「楽しんでいる人」を見ると、自分ももっと楽しみたくなります。

 一度手に入れたものは、もう一度手に入れたくなります。

「あれも欲しい」「これも欲しい」「もっと欲しい」「もっと、もっと欲しい」

 このように、人間の「欲」には、限度がありませんよね?

 ですが、この「欲」をコントロールすることができなければ、人間は、「欲」に振り回されて、最終的には「不幸」になってしまいます。


 こんな話があります。

 ある種の金魚に餌をやると、その金魚は、与えれば与えるだけ、餌を食べ続けるそうです。

 そして、見る見るうちに成長し、肥え太り、食べ過ぎで死んでしまうそうです。

 餌を食べる本来の目的は、生きるためです。

 ですが、その金魚は、「食欲をコントロールすること」ができないばかりに、食べることによって死んでしまうのです。


 限度のない「欲」を追い続けている人は、この金魚と同じです。

 人間には「欲」がありますが、それは、本来、人間が生きるため、人類を存続させるためのものです。つまり、それは、人間が「幸福」になるためのものです。

 ですが、「欲をコントロールすること」ができないと、「欲」の赴くままに行動することになるので、いずれ、大切な「人間関係」を失ったり、「集団」や「社会」の秩序を乱したりすることになります。

 そして、そこから「ストレス」を受け、「孤独」になり、最終的には「不幸」になってしまうのです。


「欲」というのは、それ自体は、悪いものではありません。

「人間関係を良くしたい」「平和な社会を実現させたい」等の、「人間の『幸福』につながる欲」は、むしろ不可欠です。

 ですが、周りの人のことを考えない「我欲」は、しっかりコントロールしなければ、人間は、最終的には「不幸」なってしまうのです。


 では、「欲をコントロールする」ためには、どうすればいいのでしょうか?


 中国の歴史に、老子という人物がいます。彼は言います。「足りることを知れ」と。

「足りることを知る」とは、「何かを得てそれに満足すること」ではなく、「常に、あるがままの現状に満足すること」、また「その努力をすること」です。


「欲」には限度がありません。

 ですが、「常に、あるがままの現状に満足すること」ができれば、「欲」に振り回されることはなくなります。つまり、「欲をコントロールすること」ができるのです。


 みなさん、「欲」に振り回されてはいけません。

 人間は、「欲」をコントロールして「幸福」になるべきであって、「欲」に振り回されて「不幸」になるべきではないのです。


「欲をコントロールする」ために、次のことをしっかり覚えておきましょう。

「欲は満たすべからず」

「足りることを知る」


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!