FC2ブログ

自分の運命を受け入れる

自分の精神を安定させよう
03 /31 2019
「精神的に苦しんでいる人はいますか?」

 今の世の中には、たくさんいそうですね。


 知っていますか?

 人間の全ての「精神的苦しみ」は、「『理想(欲が満たされた理想の状況)』と『現実(欲が満たされていない現状)』の間に『差』があること」によって生まれることを。


 ですから、「精神的苦しみ」を解消するためには、「自分の『運命』を受け入れること」が必要になります。

「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、「『理想(欲が満たされた理想の状況)』と『現実(欲が満たされていない現状)』の間の差」が解消されるので、「精神的苦しみ」も解消されるのです。


 このことを説明するために、大和思想の五章から「常に、自分の『運命』を受け入れている」を抜粋します。


~~~~~~~~~ 大和思想 五章から抜粋 ~~~~~~~~~~


  常に、自分の「運命」を受け入れている


 ※ここで言う「運命」とは、「人生で起こる全ての出来事」のことで、「神が定めたこと」「『生まれてから死ぬまでの間に起こる全ての出来事』は、神によって定められている」等のことではありません。


「大和思想を実践している人」は、常に、自分の「運命」を受け入れています。


 人間には「欲」があります。

 ここで言う「欲」とは、「~が欲しい」「~を手に入れたい」といった「欲求」のことですが、この「欲」が湧いた時点では、つまり「~が欲しい」と思った時点では、「その『~』は手に入れていない状況」にあります。

 ですから、人間は「~が欲しい」「~を手に入れたい」と思うと、「その『~』を手に入れた状況(欲が満たされた理想の状況)」と「『~』を手に入れていない現状(欲が満たされていない現状)」の「差」に少なからず「不満足」を感じます。

 また、「~をしたくない」というのも同じで、「~をしたくない」と思った時点では、「『~』をしなければならない状況」にあります。

 ですから、「~をしたくない」と思うと、「『~』をしなくていい状況(欲が満たされた理想の状況)」と「『~』をしなければならない現状(欲が満たされていない現状)」の「差」に少なからず「不満足」を感じます。


 このように、人間は、「『理想(欲が満たされた理想の状況)』と『現実(欲が満たされていない現状)』の間に『差』があること」によって「不満足」を感じるので、「もっといい生活がしたい」「もっと強くなりたい」「もっとキレイになりたい」「もっとお金が欲しい」「もっと権力を手に入れたい」「もっと癒されたい」「もっといい人に出会いたい」「もっと楽しみたい」「出世したい」「有名になりたい」「相手にされたい」「いい家に住みたい」「旅行をしたい」「努力をしたくない」「仕事をしたくない」「勉強をしたくない」と思えば思うほど、より多くの「不満足」を感じることになります。

 また、それを強く思えば思うほど、「理想」と「現実」の「差」が明確になるので、より強い「不満足」を感じることになります。

 このことから分かるように、「欲」とは、「『多ければ多いほど』『強ければ強いほど』、より大きな『苦しみ』を味わうもの」なのです。


 また、「欲」には「食欲」「性欲」「睡眠欲」のように、生きるため、種族を存続させるために「全ての動物が持っているもの」や、「発展欲」「向上心」のように、発展、成長するために「持っておいた方がいいもの」、また、「自分さえ良ければいい」という、相手のことを考えない「自分勝手」な「わがまま」な「我欲」等があります。

 これらは全て「欲」ですが、いずれも、自分の「意志」とは関係なく勝手に湧いてきます。

 つまり、「欲」とは、「自分の『意志』とは関係なく勝手に湧いてくるもの」でもあるのです。


 また、「欲」は、一度満たされれば、もう一度満たしたくなり、手に入れられると思っただけでも、手に入れなければ気がすまなくなるというように、「尽きることがないもの」「限度がないもの」でもあります。


 このように、「欲」とは、「『多ければ多いほど』『強ければ強いほど』、より大きな『苦しみ』を味わうもの」であり、「自分の『意志』とは関係なく勝手に湧いてくるもの」であり、「尽きることがないもの」「限度がないもの」なのです。

 ですから、人間は、「『欲』をしっかりコントロールすること」ができなければ、「欲」に振り回されて、多くの「苦しみ」を味わうことになるのです。


 さて、人間は、「『欲』をしっかりコントロールすること」ができなければ、多くの「苦しみ」を味わうことになるので、人間が「幸福」になる上で、「『欲』をしっかりコントロールすること」は、とても重要なのですが、「欲」をしっかりコントロールし、「苦しみ」を解消する上で有効なのが、「自分の『運命』を受け入れること」です。


 例えば、人によっては「困難」に直面すると、「困難がなければいいのに」という、「困難がない状況」を欲する「欲」を持ちますが、このような「欲」でも、強く持てば持つほど「理想」と「現実」の「差」が明確になるので、より精神的に苦しむことになります。
 ですが、どのような「困難」に直面しても、「そういうこともある」「人生は山あり谷ありである」「世の中には『自分よりも大変な状況にいる人』がいる」と考え、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、じたばたせず、「前向きに生きる覚悟」を決めることができるようになるので、「精神的苦しみ」は、少なからず解消されます。

 また、人によっては、年をとって体力が衰え、若い頃と同じように活動することができなくなると、「年はとりたくない」「若くありたい」という「若さ」を求める「欲」を強く持つようになります。
 そして、その「理想」と「現実」の「差」に苦しむことになります。
 ですが、たとえ年をとって体力が衰えても、「人生とはそういうものである」「全ての人が同じ経験をしている」「年相応であることが大切である」と考え、「『年をとること』を受け入れること」ができれば、必要以上の「気負い」や「若者と張り合う気持ち」がなくなり、気持ちが楽になります。

 また、人間には「生きよう」とする「欲」があるので、人によっては「死」に直面すると、「生きたい」という「欲」を必要以上に強く持ちます。
 そして、そのために、かえって「恐怖」に怯え、苦しむことになります。
 ですが、たとえ「死」に直面しても、「生きているものは必ず死ぬ」「人が死ぬのは自然なことである」「『生まれること』と『死ぬこと』はセットになっている」「人間は、ただ生きて、ただ死ぬだけである」「生まれた瞬間から『死へのカウントダウン』は始まっている」と考え、「死を受け入れること」ができれば、「死」に対する「恐怖心」が減り、「死」に直面しても「落ち着き」「心の平静さ」「平常心」を保つことができるようになります。

 また、「怒られること」「嫌われること」「失敗すること」は、誰にとっても嫌なことなので、人によっては、そうなったとき、もしくは、そうなりそうなときに、「それを避けたい」という「欲」を強く持ちます。
 そして、そのために、必要以上に動揺したり、取り乱したり、落ち込んだり、悲しんだりし
ます。
 ですが、そのようなことも、「次回から気を付ければいい」「すでに起こったことは仕方がない」と受け入れることができれば、必要以上に動揺したり、取り乱したり、落ち込んだり、悲しんだりすることはなくなります。

 また、「出世」「名声」「地位」「成功すること」を望むのは自然なことですが、人によっては、それを必要以上に強く求めてしまい、そのために、活動がうまくいかないときや、作業がはかどらないときに、「イライラ」「せかせか」し、「ストレス」を多く抱えてしまいます。
 ですが、たとえ「高い理想」を持っていたとしても、それと同時に、「自分の『運命』を受け入れる感覚」もしっかり持っていれば、どのような状況になっても、どのような結果になっても、常に「冷静さ」を保っていられます。

 また、経済、学問、スポーツ、芸能等、様々な分野で、「一時的に脚光を浴びた人」が、その後、脚光を浴びなくなったときに、過去の栄光に縛られて、「現在の自分を受け入れられないこと(『いつまでも脚光を浴びていたいという欲』を強く持つこと)」があります。
 そして、そのために苦しみ、「投げやり」になったり「自暴自棄」になったりすることがあります。
 ですが、「自分は、一時的にでも脚光を浴びたのだから恵まれている」「自分は一時的にでも、他の人より世の中に貢献できたのだから恵まれている」と、「現状を受け入れること」ができれば、「プライド」や「プレッシャー」から解放されて、気持ちが楽になります。

 また、人によっては、思い出したくない程の「後悔」や「失敗」や「嫌な経験」があると、それを受け入れることができず(「それがなければいいのに」という「欲」を強く持ち)、そのために、いつまでも苦しい思いをし、「前向きに生きること」ができなかったり、「うつ」になったりすることがあります。
 ですが、そのようなことも、「失敗をしない人など、どこにもいない」「失敗は次に生かせばそれでいい」「過ぎたことをいつまでも考えていても仕方がない」「いつまでも、くよくよしていても意味がない」と受け入れることができれば、気持ちが切り替わり、「過去にとらわれずに、未来に目を向けよう」「過去はともかく、これからの人生をいいものにしよう」という、「前向きに生きる意欲」が湧いてきます。

 また、「能力」や「人格」を向上させる上で「理想を高く持つこと」は重要ですが、「理想を高く持つ」だけで、「失敗」「自分の短所」「能力が劣っていること」「うまくできないこと」等を受け入れる感覚を持っていなかったら、「理想」と「現実」の「差」が必要以上に気になったり、「失敗」したときの「ショック」が大きくなったりします。
 ですが、「『ありのままの自分』を受け入れる感覚」「どのような結果でも受け入れる感覚」をしっかり持っていれば、常に「落ち着き」「心の平静さ」を保っていられます。

 また、世の中には、「何でも『自分の思いどおり』にしたい」「細かいところまで『自分の思いどおり』でなければ気がすまない」と言う人がいますが、人生では、「自分が望んでいないこと」がたくさん起こりますし、世の中には、「『自分の思いどおり』にならないこと」がたくさんあるので、そのような感覚を強く持っていると、毎日起こる「『自分の思いどおり』にならないこと」に、いちいち腹を立て、「自分が望んでいないこと」に、いちいち「ショック」を受け、毎日の生活が嫌になり、人生そのものが苦痛になってしまいます。
 ですが、「何から何まで『自分の思いどおり』になるはずがない」「全ての人が同じ状況の中で生活している」と考え、「普段の生活の中で起こる全ての出来事」を受け入れることができれば、そのような苦しみはなくなり、「心の平静さ」を保てるようになります。

 また、「努力に対する『正当な評価』を求めること」や「貢献したことに対する『正当な見返り』を求めること」は、ある意味当然のことですが、そのような「正当な欲」でも、それを強く持っていると、それが受けられなかったときに、とても大きなショックを受け、非常に落ち込むことになります。
 ですが、たとえ、それが受けられなかったとしても、「そういうこともある」「悪いことをしたわけではないのだから問題ない」と考え、それを受け入れることができれば、それによって苦しむことはなくなります。


 このように、人間は「欲」を強く持つと、それだけ精神的に苦しむことになるのですが、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、その「苦しみ」はなくなるのです。

 人間の全ての「精神的苦しみ」は、「『理想(欲が満たされた理想の状況)』と『現実(欲が満たされていない現状)』の間に『差』があること」によって生まれます。

 ですが、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、その「差」は解消されるのです。

 そして、その「差」が解消されるので、「苦しみ」も解消されるのです。


 ですから、どのようなことがあっても、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、それによって苦しむことはないのです。

 世の中には、「欲」を多く、強く持つことによって苦しんでいる人がたくさんいますが、誰でも、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、その「苦しみ」は、少なからず、解消されるのです。


 さて、「大和思想」は、「『共存共栄の世の中』を実現させ、世の中の全ての人と共に『幸福』になる」という、非常に高い「理想」を掲げています。

 ですから、もし「大和思想を実践している人」が、「自分の『運命』を受け入れる感覚」を持っていなかったら、「理想」と「現実」の「差」に非常に苦しむことになります。

「家族」をまとめようと思っても、思うようにまとめられず、「地域社会」をまとめようと思っても、思うようにまとめられず、「友人の集まり」をまとめようと思っても、思うようにまとめられず、「会社」をまとめようと思っても、思うようにまとめられず、「国家」をまとめようと思っても、思うようにまとめられず、「世界」をまとめようと思っても、思うようにまとめられない状況で、「自分の『運命』を受け入れること」「現実を受け入れること」ができなかったら、当然、非常に苦しい思いをすることになるのです。

 そして、その「苦しみ」から、「常に、自ら率先して、普段自分が関わっている『全体』をまとめること」ができなくなるのです。


 ですが、たとえ、自分の思うようにはまとめられなくても、「そういうこともある」「成功するのも、失敗するのも運命である」「自分にできることを精一杯行なうことが大切である」「小さな変化が、いずれ大きな変化につながる」と考え、「自分の『運命』を受け入れること」ができれば、必要以上に苦しむことはなくなるのです。

 そして、必要以上に苦しむことがなくなるので、常に「落ち着き」「平常心」を保てるようになり、それが保てるようになるので、「常に、自ら率先して、普段自分が関わっている『全体』をまとめること」ができるようになるのです。


「常に、自分の『運命』を受け入れる」のは、「自分の『精神状態』を『いい状態』に保つための工夫」です。

 また、それは、「『常に、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめる』ための工夫」でもあるのです。


 人間が「幸福」になる上で、「自分の『精神状態』を『いい状態』に保つこと」は、とても重要ですが、そのためには、「常に、自分の『運命』を受け入れる」必要があるのです。

 また、「『大和思想を実践する人』のあり方」の「根本」は、「常に、自ら率先して、普段自分が関わっている『全体』をまとめていること」ですが、そのためにも、「常に、自分の『運命』を受け入れる」必要があるのです。

 ですから、「大和思想を実践している人」は、「常に、自分の『運命』を受け入れている」のです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それでは、どうやって、自分の「運命」を受け入れたらいいのでしょうか。

 中には、受け入れられないような出来事や経験もあると思いますが、それを受け入れるにはどうすればいいのでしょうか?


「受け入れられないような出来事」を受け入れるのに有効なのは、アファメーションです。

※アファメーションについての説明は こちら


 大和思想のアファメーションも効果があるので、ぜひ、やってみてください。




 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



長所と短所は表裏一体

個性、感性、長所を伸ばそう
03 /24 2019
「長所は同時に短所であり、短所は同時に長所でもある」

 この言葉の意味が分かりますか?


 自分の長所を知り、それを生かすことは、より良い人生を歩む上で不可欠です。

 また、組織をまとめるときには、人をまとめる必要がありますが、人をまとめるときには、それぞれの長所を見抜き、それを生かす形でまとめる必要があります。

 ですから、自分や他人の長所を知ることは、とても重要なことなのですが、人は、得てして短所に目を向けてしまいます。


 ですが、先ほど言ったように、長所は同時に短所であり、短所は同時に長所でもあります。

 例えば、「大きなカバン」があるとします。

「大きなカバン」の長所は、「大きいこと」です。

「大きいから、たくさんの荷物を運ぶことができる」、これが長所です。

 ですが、この「大きい」というのが短所にもなります。

 まず、運ぶのが大変ですし、使わないときは、収納するスペースを多く必要とします。

 旅行用の大きなスーツケースは、その典型だと言えます。


 逆に、「小さいカバン」の長所は、「小さいこと」です。

「小さいカバン」は、持ち運びが便利ですし、使わないときも、収納するスペースに困りません。

 ですが、小さいので、当然、少しの荷物しか運ぶことができません。つまり、「小さいこと」が短所になるわけです。


 このように、「長所と短所は表裏一体」なのですが、これは、もちろん人間にも当てはまります。

 例えば、「積極的に行動する人」がいるとします。

 この人の長所は、「積極的」なところです。

 ですが、「積極的に行動する」というのは、見方を変えると、「じっくり考えることができない」ということでもあります。

 逆に、「じっくり考えることができる人」は、「じっくり考えることができる」のが長所ですが、見方を変えると「消極的な人」になります。

「話し上手」は、見方を変えると「調子がいい人」「八方美人」になりますし、「寡黙な人」は、「つまらない人」になります。

 この他、どのような長所でも、見方を変えると短所になりますし、どのような短所でも、見方を変えると長所になるのです。


 このようなことを頭にいれておくと、自分や他人の長所を見つけやすくなるのですが、特に、「人の長所を見抜く」というのは、人をまとめる上で、つまり、組織をまとめる上で不可欠なので、昔の人も徹底して行なっています。


 戦国武将の武田信玄は、人を使うのがとても上手かったようです。

 信玄の家来に、岩間大蔵左衛門という人がいました。

 彼は、非常に臆病だったので、周りの人は、みんな「あんな臆病者には扶持を与えるべきではない。早く暇をお出しになればいいのに」と言っていた。

 信玄は、そんな彼に「内部スパイ」のような役を与え、「すべて家中の悪事を内定し、わしに報告せよ。もし隠していることが分かったら、お前を死罪にするぞ」と言った。

 大蔵左衛門は、もともと臆病者だから、死罪になることを恐れて、何もかも聞き出して信玄の耳にいれたから、これはこれで立派に役立ったということである。

 信玄は、「臆病」という短所を上手く活用したのです。


 その信玄は、こう言っています。

「自分が人を使うのは、人そのものを使うのではなく、その人の特徴とする業(わざ)を使うのだ」と。


 徳川家康にまつわる話もあります。

 ある戦いのとき、日向大和(ひなたやまと)の相備衆七人が、一度も戦場に駆け出さなかった。

 家康は、「あの者どもは臆病だ。改易せよ」と言った。

 今井九兵衛は、「臆病な振る舞いもっともなことです。信玄の家来であった時代にも、あの者たちは一度も戦場の功をたてたことはありません」と言った。

 家康は「それほどの者ならば、なおのこと役に立つまい」と言った。

 九兵衛は、「しかし、信玄はことのほか厚い待遇をしておりました。臆病者は方々へ使いに出しておられました。勇猛な者は、使いにやられた後に合戦にでもなれば、使いにやられたことを不満に思います。ところが臆病者は、喜んで使いに出かけます。使いにいった先の関所や舟渡しで、なにかいざこざがおこるときは、たとえ頭をぶたれるような侮辱にあっても、我慢して使いの任務を一段と上手くやってのけるということで、厚く待遇しておられたのです」と言った。

 家康は手をうって「なるほど、もっともなことだ」と言って、その臆病者を使者の役として召し使った。

 このように、家康も、「臆病」という武士にとっては致命的な短所を、有効に活用したのです。


 このように、「長所は同時に短所であり、短所は同時に長所でもある」ということを理解していれば、長所を見つけやすいですし、それができるので、「人をまとめること」も「自分の人生をより良くすること」もできるのです。

 自分や相手の長所を知るためには、まず、「自分や相手を肯定的に捉えること」「自分や相手のいい部分に目を向けること」が根本です。

 そして、「長所と短所は表裏一体」ということを考えれば、長所が見えてくるのです。


 あなたは、自分の長所、短所を理解していますか?

 身近にいる人の長所、短所を理解していますか?

 それらを理解すれば、あなたは、自分の人生を、より良いものにすることができるのです。


 ※長所とは、「人と比較して勝っている能力」のことではなく、「その人の様々な能力の中で、特にすぐれている能力」のことなので、誰にでも長所はあります。

 例えば、自分以外は、みんなテストの点が、どの教科も90点以上で、自分だけ、国語35点、算数57点、理科42点、社会46点だったとします。

 この人に長所はないのかというと、そんなことはありません。

 この人の長所は、算数です。

 人と比較して勝っていようが、劣っていようが、生きていくためには、自分の長所(自分の様々な能力の中で、特にすぐれている能力)を生かすしかありません。

 この人の場合、基本的には算数の能力に着目し、それを生かして生きていくのがいいということです。



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

ポケットは汚しても、自然は汚さない話

自然と共存しよう
03 /17 2019
「はっ…、はっ…、はっ…、はーーーっくしょん!!」

「う~、今年もこの季節が来たか…」


 春になると、暖かくて気持ちがいい。

 だが、花粉症のオイラには、つらい季節だ。


 この時期外を歩いていると、春を感じさせるものに出会う。

 オイラでも知っている花、「オオイヌノフグリ」。(小さくて青いやつね)

 他にも名前は知らないが、いろんな植物が芽吹いている。

 それと、気のせいかもしれないが、鳥が活発に動いている。


「あ~、ポカポカして気持ちいいな~」

 そう思いながら、近くの川沿いを歩いていると気になるものが目に入った。

 川に捨てられたゴミだ。

 コンビニの袋、ペットボトル、スナック菓子の袋、タバコの箱等々。


 近くの出張所のフェンスには、小学生が書いた「分別しよう」「地球を大切に」「リサイクル」等のキャッチコピー付きの絵がたくさん張ってある。

 それにも関わらず、ゴミが捨ててあるなんて…。


 でも、オイラが子供の頃よりは、マシな気もする。

 オイラの記憶では、川に、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、自転車、車のタイヤなんかが捨てられてあった。

「おいおい~。川を埋め立て地にでもするつもりか~?」


 プラスチックのゴミは、軽いので、遠くまで運ばれる。

 また、自然分解されずに半永久的に残る。

 また、雨や川の水に運ばれて、最終的に海に流れ着く。

 そして、紫外線の影響等で劣化し、5ミリ以下のマイクロプラスチックとなる。

 そして、それを、海の魚が食べてしまう。

 東京湾で釣った64匹のイワシのうち、80%にあたる44匹のイワシの体内からマイクロプラスチックが出てきたという調査結果もあるのだ。

 そして、最終的には、オイラたち人間が、その魚を食べてしまっているのだ。


 一人が捨てるゴミの量など、たかが知れている。

 でも、地球規模で多くの人がゴミを捨てたら、その量は膨大になる。

 だから、たとえ少しでも、その辺にゴミを捨ててはいけないのだ。


 今は、世界的にプラスチックフリーの方向へ動いているらしい。

 EUは、2030年までにすべてのプラスチック包装をリサイクルし、使い捨てのプラスチックの量を削減すると発表した。

 コカ・コーラ、ユニリーバ、ウォルマートなどのグローバル企業11社も、2025年までのパッケージ・リサイクル100%を宣言している。

 アメリカでは、
・海の廃棄プラスチックを集めて作られた水筒(米スターバックスで販売中)
・使い捨てのストローはもうやめよう。新時代のマイストロー「FinalStraw」
・プラスチックゴミから海を救う。漁業網からできたスケートボードとジェンガ
・プラスチックごみでモノづくり。サーキュラーエコノミー時代の3Dプリンター「Gigabot X」
・ゴミも貧困もなくす。廃棄ペットボトルをファッションに変えるティンバーランド
・マクドナルド、2025年までにすべての包装紙をエコな資源から調達へ
等が行なわれているらしい。

 アメリカ以外の国でも、様々な取り組みが行なわれているようだ。


 オイラは自然が好きだから、これは大歓迎だ。

 ほんの少しでも、ゴミをその辺に捨てるのは良くないというのは、人間に害があるからだけではない。

 人間は、もっと、自然を大切にするべきなのだ。自然と共存するべきなのだ。

 ゴミ箱がないなら、ゴミは、しっかりと持ち帰るべきだ。

 それは、ゴミを出す人の責任なのだ。


「はっ…、はっ…、はっ…、はーーーっくしょん!!」

「う~……」

 オイラは、ポケットからティッシュを取り出した。

「じゅるじゅる………」

「ふぁ~」

 オイラは、鼻をかんだ。


 オイラの右手には、今かんだばかりの、鼻水を包んだティッシュがある。

 だが、辺りを見回してもゴミ箱はない。

 そこで、オイラは、このティッシュを…。

 このティッシュを…。

 このティッシュを…。

 ポケットにしまったのだった。


「ポケットは汚しても、自然は汚さない」

 大和思想を実践しているオイラは、自然と共存しているのだ。


 えっ?汚いって?

 鼻水くらいで大騒ぎすんなって~。


 あなたも、ポケットは汚しても、自然は汚さないようにしてくださいね。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

相手のことを理解しよう

相手のことを理解しよう
03 /10 2019
「近頃の若い人は、よく分からない」「あの人は、何でそんなことするんだろう?」「いくら言ってもダメだからイライラする」

 そんな風に思ったことはありませんか?


 全ての人は、自分の考えや感性を持った独立した個人です。

 ですから、世の中に、何から何まで自分と同じ考えという人は、一人もいませんし、自分には理解できない行動をする人もたくさんいます。

 また、最近は、学校教育で個性を伸ばすようにしていますが、個性(その人の特性、感性、オリジナリティ)が伸びたら、ますます、その人のことは理解できなくなります。


 でも、それでいいんです。

 世の中には、多様な人間がいた方がいいんです。

 多様な人間がいるということは、自分にはできないことができる人、自分にはない知識を持っている人、自分には考えつかないアイディアを持っている人等がいるということです。

 また、客観性を得ることもできるということです。

 ですから、世の中に多様な人間がいる方が、世の中は、より楽しいですし、より発展しますし、人類は、様々な状況に対処することができるのです。

 ですから、人類にとって、多様な人間が存在していることは、実際は、とても重要なことなのです。


 ですが、社会生活において、相手を理解することができないと、様々な問題が起こります。

 相手を理解することができないと、「人をまとめること」ができないので、家族、友人の集まり、地域社会、会社、国家、世界等の、集団(組織)をまとめることができません。

 また、相手を理解できないと、そこから人間関係のトラブルに発展することもあります。

 ですから、よりよい人生を送る上で、相手のことが理解できるようになることは、とても重要だと言えます。


 では、相手を理解するためには、どうすればいいのでしょうか?


 相手を理解する上で、根本的に重要なことは、「本気で相手を理解しようとすること」です。

「よく分からない」「理解できない」と思ったときに、それをそのままにしないで、「なんでだろう?」「どうして、そういうことをするんだろう?」と、よく考えること、つまり、「本気で相手を理解しようとすること」が重要なのです。

「よく分からない」「理解できない」と思ったときに、それをそのままにしておくから、いつまでたっても分からないのです。


 また、「相手の立場に立って、その人の気持ちを考えること」も重要です。

 基本的に、全ての人は、自分の感覚という「フィルター」を通して世の中を見ていますが、そのような見方で相手を見ても、理解できることには限界があります。

 勇気がある人が、自分の感覚で、勇気がない人の行動を見ても、「よく分からないこと」ばかりです。

 様々な人生経験を積んだ40代、50代の人が、自分の感覚で、社会に出たばかりの20代前半の若者の行動を見ても、「理解できないこと」ばかりです。

 男性が、自分の感覚で、女性の行動を見ても「理解できないこと」ばかりですし、その逆も、しかりです。

 その他にも、「裕福な人」と「貧しい人」、「政治家」と「国民」、「恵まれた家庭環境で育った人」と「恵まれない家庭環境で育った人」、「頭がいい人」と「頭が悪い人」、「強い人」と「弱い人」、「かっこいい人」と「かっこわるい人」、「自分の国の人」と「他の国の人」等、自分と違う感覚や状況の人との間には「理解できないこと」が、たくさんあります。

 ですが、そのようなときに、「相手の立場に立って、その人の気持ちを考える」と、その人の気持ちが、少なからず理解できるようになるのです。


 相手の考え、感性、立場、状況等をよく考えてみてください。

 そして、自分がその状況にあると想像してください。

 そして、その人の気持ちをよく考えてください。

 そうすると、相手の気持ちが、少しずつ分かってくるのです。


 人間は「社会的生き物」なので、様々な人との関わりを持って生きています。

 そのような中で、相手のことを理解できないと、人生が、つまらないものになってしまいます。

 ですから、人生をより良くするために、相手のことを理解するようにしましょう。


 まずは、「本気で相手を理解しようとすること」です。

 そして、「相手の立場に立って、その人の気持ちを考えること」です。

 そうすれば、少なからず、相手のことが理解できるようになるはずです。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

電車で子供に注意できなかった話

大和思想的な行動
03 /03 2019
 階段を駆け下り、電車に飛び乗った。

「ふぅ~。なんとか間に合った…。ところで、進行方向はあってるよな?」


 今日は、オイラは、普段乗ることがない有楽町線でお出かけだ。

 別に急ぐ必要はなかったが、ちょうど電車が来たので、思わず飛び乗ってしまった。


 乗客は、まばらで、みんな静かだが、そんな中、元気な声が響いている。

 声の主は、制服姿に帽子をかぶった子供達だ。

 小学校一年生、もしかしたら幼稚園児かもしれない。

 男の子2人、女の子1人だ。


 子供達は、元気な声でしゃべっている。

 ちょっと、うるさいくらいだ。

 でも、ま~いいじゃないですか、子供なんだから。


 こんな小さい子供が、子供だけで電車に乗って通学できるなんて、日本は、なんだかんだ言って安全ですよね~。


 よく見ると、B4サイズくらいの、お絵かき用のノートに描いてある、自分で描いたと思われる絵の説明をしている。

「この絵はね~、こうなの」

「こっちの絵はね~、こうなの」

 子供達にとっては、重要な話だ。自然にヒートアップしてしまうのも、うなずける。


 子供達は、元気にしゃべり続けている。

 ちょっと、うるさいくらいだ。

 でも、ま~いいじゃないですか、子供なんだから。


 そうこうしているうちに、目的の駅に近づいてきた。

「開くのは…、こっちの扉か…」

 扉の前には、子供達がいる。降りるのに邪魔な位置だ。

「……」

 この年齢の子供に、この状況を把握するのは無理だ。子供は悪くない。


 電車は速度を落としてきた。

 こういう場合、「電車から降りるから、ちょっと端によってねー」と言うべきだろう。

「邪魔だ、どけ!!」、いやいや、そうじゃない。


 電車がホームに入った。

 子供達は、まだ扉の前にいる。

 周りにいる大人は、何か言うのか?


 電車が止まった。

 扉が開いた。


 大人達は、何も言わず、子供達の脇を、すり抜けるようにしてホームへ降りていったのだった。

 オイラも、何も言わず、すり抜けるようにして、その後に続いた。


 本来、このような状況では、普通のこととして「電車から降りるから、ちょっと端によってねー」と言うべきだろう。

 だが、しかし、それを言えない大人達がいたのだった。

「今時の若い人は…」と言うけど、今時の大人も微妙ですね。トホホ…。


 他人に優しい言葉をかけるのは難しくないが、他人を叱ったり、注意したりするのは難しい。

 だが、しかし…、必要なら、それもやらなければならないのだ。


 次回は、ちゃんと言えるようにしよ~っと。

 大和思想を実践しているオイラは、常に向上心を持っているのだ!!


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

大和思想を実践しよう 2019年3月1日

大和思想を実践しよう
03 /01 2019
 皆さん、今日は3月1日です。

 毎月1日は、「大和思想を実践する日」です。

 今日は意識して、大和思想を実践しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「感謝することって大事ですよね?」

 そう言うと、ほとんどの人は「その通りだ」と言います。

 でも、「では、最近いつ感謝をしましたか?」

 と聞くと、「いつしたっけ?」と考えてしまう人が多い。


「感謝することは重要だ」と理解していても、実際に感謝しなければ意味がありません。

「『感謝することは重要だ』と理解すること」が重要なのではなく、「実際に感謝すること」が重要なのです。

 そこで、今日は、自分が受けている恩恵について考えてみましょう。

 そして、その恩恵を受けていることに感謝しましょう。


 身近な人から受けている恩恵や、過去に受けた恩恵。

 嫌いな人だけど、その人のおかげで身に付いたこと、成長できたこと。

 過去にいた人や現在いる人からの、間接的に受けている恩恵。

 自然や、動植物から受けている恩恵。

 その他にも、様々な恩恵について考えてみましょう。

 そして、その恩恵を受けていることに感謝しましょう。

※感謝についての詳しい説明は、 大和思想 五章 の18ページを参照してください。

 大和思想 一章~六章は こちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大和思想とは、「『世の中の全ての人が、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめること』によって『共存共栄の世の中』を実現させ、世の中の全ての人と共に『幸福』になる」という思想です。

 そこで、今日は、「家族」においては、常に、自ら率先して、「家族を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その家族の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「友人の集まり」においては、常に、自ら率先して、「その友人の集まりを『共存共栄の世の中を維持しつつ、その友人の集まりの目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「会社」においては、常に、自ら率先して、「会社を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その会社の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「国家」においては、常に、自ら率先して、「国家を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その国家の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

 そして、「世界」においては、常に、自ら率先して、「世界を『共存共栄の世の中』にするための働きかけ」をしましょう。


 また、今日は、大和思想のアファメーションをしましょう。



※大和思想のアファメーションについての説明は こちら


 みんなで大和思想を実践しましょう。

 そして、共存共栄の世の中を実現させましょう。

 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!