FC2ブログ

飛んで火に入(い)る夏の虫

幸福になるための知恵
07 /28 2019
 昨日の夜、部屋にいたら、天井に黒い点が見えた。

「ん?」

 よく見ると、てんとう虫だ。黒色に赤い点が二つ。ナミテントウだ。

 どうやら、部屋の灯りに引き寄せられて、入ってきたようだ。

「こんなとこに来ちゃ、ダメじゃないか~」

 そう思って、捕まえて外に放してやった。


 夏になると、街灯などの灯りに、たくさんの虫が集まってくる。

 彼等は、なぜ、街灯に集まるのだろう?

 詳しいことは知らないが、「なんとなく、良さそうだから」来てしまうのだろう。

 だが、「なんとなく、良さそうだから」来て、車にひかれたり、感電したりする虫がたくさんいる。

「飛んで火に入(い)る夏の虫」だ。


 人間にも似た習性がある。

 人間は、華やかな場所に集まる。

 なぜ集まるのかは分からない。「なんとなく、良さそうだから」集まるのだろう。

 だが、華やかな場所に行っても、結局、「華やかな場所特有のストレス」に疲れ果ててしまう。

 人間も、「飛んで火に入(い)る夏の虫」なのだ。


 だが、人間は虫とは違って、考えることができる。

 だから、「幸福を感じるためには、どのような環境に身を置く必要があるか」を考え、その環境に身を置くことができる。

 大和思想では、幸福を感じるためには、「自分の尊厳が保たれていること」によって得られる「精神的充足、安定」が不可欠だと考える。

 つまり、幸福を感じるためには、「自分の尊厳が保たれる環境」「自分が尊重される環境」に身を置く必要があるということだ。単純にいうと、「人間関係がいい環境」だ。


 華やかな場所でも、そうでない場所でもいい。

 だが、幸福を感じるためには、「自分の尊厳が保たれる環境」「自分が尊重される環境」に身を置く必要があるのだ。

 つまり、幸福を感じるためには、積極的に、そのような環境に身を置くこと、積極的に、そのような環境をつくりだすことが必要なのだ。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



自然と共存する必要性について

自然と共存しよう
07 /21 2019
 大和思想は、「共存共栄の世の中」を実現させることによって、世界の全ての人と共に幸福になるという思想です。

 この「共存共栄の世の中」とは、「全ての人との共存」というだけでなく、「全ての生物(自然)との共存」でもあります。

 この「全ての生物(自然)と共存する」必要性を、分かりやすく説明している動画があるので紹介します。




 大和思想が「共存共栄の世の中」を「理想の世の中」とする理由は、こちら から。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

とことんポジティブに考えよう!!

幸福になるための知恵
07 /14 2019
 正しい答えを導きだすためには、ポジティブにもネガティブにもならず、客観的に、正確に考える必要がある。

 だが、自分を突き動かすときには、とことんポジティブに考えた方がいい。


 例えば、愛の告白をするときに、ネガティブに考えると、「どうせ振られるに決まってる」「嫌われたらどうしよう」「みんなに知られたら恥ずかしい」などと考えてしまい、積極的に行動できなくなる。

 逆に、ポジティブに考えると、「振られるかもしれないけど、付き合えるかもしれない」「付き合ったら、どこにデートに行こうか」などと考えるので、積極的に行動できる。


「相手との相性」「付き合えるかどうか」「告白するタイミング」等を知るためには、ポジティブにもネガティブにもならず、客観的に、正確に考える必要がある。

 だが、告白することを決め、そのために自分を突き動かそうと思うなら、正確さは無視して、とことんポジティブに考えた方がいい。


 どのようなことでも、未来のことは、「絶対にそうだ」とは言えない。

 だから、ネガティブに考えると、とことんまでネガティブになってしまう。

 逆に、ポジティブに考えても、とことんまでポジティブになれる。

 だから、自分を突き動かすときには、正確さは無視して、とことんポジティブに考えた方がいいのだ。


 これは、どのようなことにも当てはまる。

 オイラは、大和思想を実践しているから、常に、普段自分が関わっている全体をまとめようと心がけている。

 だが、ときには、「コイツに言っても無駄な気がする」「元々の性格がズレてるから、コイツはマトモにならないんじゃないか」などと思うときがある。

 だが、そのようにネガティブに考えていたら、積極的になれないので、成果を上げることができなくなる。たとえ、その考えが正しくてもだ。

 だから、オイラは自分を突き動かすときには、意識して、とことんポジティブに考えるようにしている。

「正しい働きかけを続けていれば、少しかもしれないが、状況は確実に良くなる」「自分が起こす小さな変化が、大きな変化につながっている」「長い目で見れば、少しずつ全体はまとまっている」「今は理解されなくても、いずれ理解される」「誰も気付いていなくても、自分がやっていることは、共存共栄の世の中の実現につながっている」などとポジティブに考えるのだ。


 ネガティブに考えていたら積極的になれない。問題があったら、すぐに「やっぱりダメだ」「できない気がする」と考えてしまう。

 逆に、ポジティブに考えていれば積極的になれるし、問題があっても、すぐに諦める気にはならない。

 だから、自分を突き動かすときは、正確さは無視して、とことんポジティブに考えた方がいいのだ。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

信用とは

信用を得よう
07 /07 2019
「何で俺のこと信用してくれないんだ?」

 そう思うことって、ありますよね?

 でも、信用されないのって、自分の責任でもあるんですよ。


 誰でも、初対面の人を、いきなり完全に信用することはありません。

 はじめは、相手が「信用できる人」かどうか分からないからです。


 信用は、はじめは「0(ゼロ)」です。

 信用は、「0(ゼロ)」の状態から、「信用に値する振る舞い」を続けることによって、少しずつ築かれていくものなのです。


 ですから、信用を得るためには、「信用に値する振る舞い」を続ける必要があります。

 常に、「信用に値する振る舞い」をしている人は、「信用してくれ」などと言わなくても信用されます。

 逆に、「信用に値する振る舞い」をしていない人は、いくら「信用してくれ」と言っても、信用してもらえません。


 このことから分かるように、「信用されていない人」というのは、単に「信用に値する振る舞い」を十分行なっていないだけなのです。

 そういう人は、「信用に値する振る舞い」を十分行なっていないから、信用されていないのです。


「何で俺のこと信用してくれないんだ?」と思ったら、まず、「自分は『信用に値する振る舞い』を十分行なっているか?」を考えてみてください。

 以外と、十分は行なっていないと思いますよ。


 あなたは、普段接している人に信用されたいですか?

 もし、そう思うなら、常に「信用に値する振る舞い」をする必要があります。


 誰でも、はじめは信用されていません。むしろ疑われています。

 信用は、その状態から「信用に値する振る舞い」を続けることによって、築かれていくものなのです。

 また、信用を得たとしても、それを裏切るようなことをしたら、信用は、すぐに失われてしまうのです。

 信用とは、そういうものなのです。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

大和思想を実践しよう 2019年7月1日

大和思想を実践しよう
07 /01 2019
 皆さん、今日は7月1日です。

 毎月1日は、「大和思想を実践する日」です。

 今日は意識して、大和思想を実践しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 世の中には、「自分の役割」をしっかり果たさない人がいます。

 そんな中、周りがどうあろうと、「自分の役割」はしっかり果たしている人がいます。

 そういう人の存在って、有り難いですよね。

 そういう人には、本当に感謝、感謝です。

 あなたは、家族、地域社会、友人の集まり、会社、国家、世界等における「自分の役割」をしっかり果たしていますか?

 今日は、様々な全体において、「自分の役割」をしっかり果たすことを意識しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大和思想とは、「『世の中の全ての人が、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめること』によって『共存共栄の世の中』を実現させ、世の中の全ての人と共に『幸福』になる」という思想です。

 そこで、今日は、「家族」においては、常に、自ら率先して、「家族を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その家族の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「友人の集まり」においては、常に、自ら率先して、「その友人の集まりを『共存共栄の世の中を維持しつつ、その友人の集まりの目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「会社」においては、常に、自ら率先して、「会社を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その会社の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「国家」においては、常に、自ら率先して、「国家を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その国家の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

 そして、「世界」においては、常に、自ら率先して、「世界を『共存共栄の世の中』にするための働きかけ」をしましょう。


 また、今日は、大和思想のアファメーションをしましょう。



※大和思想のアファメーションについての説明は こちら


 みんなで大和思想を実践しましょう。

 そして、共存共栄の世の中を実現させましょう。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!