FC2ブログ

バスを待っていたら、雨が降ってきた話

大和思想的な行動
04 /14 2019
「ん~…。今日は傘を持っていこうか、どうしようか…」

 オイラは、天気を判断するときは、2つの天気予報のサイトを見て、判断するようにしている。

 今日は、1つのサイトでは、12時~15時の間に傘マークがついていて、降水確率は50%。

 もう1つのサイトでは、一日中曇りマークで、降水確率は30%。

 そして、外を見ると、すでに少し雨が降った跡がある。

「ん~…。今日は傘を持っていこうか、どうしようか…」


 結局、オイラは、傘を持って出かけることにした。


 バス停に着き、バスを待っていたが、なかなか来ない。

「まっ、こういうときもあるよね~」

 そう思っていると、ポツリ、ポツリと降ってきた。

「もうすぐバスが来るし、傘をさすほどでもないか…」


 だが、雨は、ほんの少し強くなってきた。

 バス停には、オイラを含めて6人いたが、1人、2人と傘をさし、結局オイラも傘をさした。


 ところが、その中に、1人だけ傘を持っていない人が、いるではありませんか。

 それは、20代前半の女性だ。


「今日の天気予報を見て、傘を持ってこないのは判断ミスだな~」

「この場面で、男のオイラが、『大丈夫ですか?』と言って傘をさすのも、さすがに微妙だよな~」

「これは自業自得かな~。もうすぐバス来るし。そんなに降っているわけでもないし。いい経験だな」

 と思っていると、1人のおばちゃんが、スーーっと近づいていき、

「降ってきちゃったね」

 と言って、傘に半分入れてあげた。

「大丈夫ですよっ」

 と、その女性は言ったが、

「渋滞しているのかな~。バスなかなか来ないね~」

 と、おばちゃんは言っている。


 2人は、それほど大きくない傘に、半分づつ入っている状態だ。

 雨は、わずかに降っているだけだが、もちろん体の半分はぬれる。

 結局その2人は、バスが来るまで、その状態でしゃべっていた。


「ん~…。このおばちゃんやるなっ!!」

 まず、「だいじょうぶ?」「傘に入る?」ではなく、「降ってきちゃったね」と言って傘に入れたところがすばらしい。

 その「さりげない感じ」「恩を感じさせない感じ」がすごいね。

 それと、「大丈夫ですよっ」と言われたときも、「い~え、いいのよ」等とは言わず、「渋滞しているのかな~。バスなかなか来ないね~」と言って、「さりげない感じ」「恩を感じさせない感じ」を出している。


「人に『いいこと』をする」というのを突き詰めて考えると、このように「『さりげなく』『恩を感じさせないように』する」というところに行き着くのか…。

「ああ…。なんか、久しぶりにいいものを見た気がするな~」


 オイラも、傘を持っていない人がいたら、「降ってきちゃったね」って言ってみようかな~(笑)。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!