FC2ブログ

とことんポジティブに考えよう!!

幸福になるための知恵
07 /14 2019
 正しい答えを導きだすためには、ポジティブにもネガティブにもならず、客観的に、正確に考える必要がある。

 だが、自分を突き動かすときには、とことんポジティブに考えた方がいい。


 例えば、愛の告白をするときに、ネガティブに考えると、「どうせ振られるに決まってる」「嫌われたらどうしよう」「みんなに知られたら恥ずかしい」などと考えてしまい、積極的に行動できなくなる。

 逆に、ポジティブに考えると、「振られるかもしれないけど、付き合えるかもしれない」「付き合ったら、どこにデートに行こうか」などと考えるので、積極的に行動できる。


「相手との相性」「付き合えるかどうか」「告白するタイミング」等を知るためには、ポジティブにもネガティブにもならず、客観的に、正確に考える必要がある。

 だが、告白することを決め、そのために自分を突き動かそうと思うなら、正確さは無視して、とことんポジティブに考えた方がいい。


 どのようなことでも、未来のことは、「絶対にそうだ」とは言えない。

 だから、ネガティブに考えると、とことんまでネガティブになってしまう。

 逆に、ポジティブに考えても、とことんまでポジティブになれる。

 だから、自分を突き動かすときには、正確さは無視して、とことんポジティブに考えた方がいいのだ。


 これは、どのようなことにも当てはまる。

 オイラは、大和思想を実践しているから、常に、普段自分が関わっている全体をまとめようと心がけている。

 だが、ときには、「コイツに言っても無駄な気がする」「元々の性格がズレてるから、コイツはマトモにならないんじゃないか」などと思うときがある。

 だが、そのようにネガティブに考えていたら、積極的になれないので、成果を上げることができなくなる。たとえ、その考えが正しくてもだ。

 だから、オイラは自分を突き動かすときには、意識して、とことんポジティブに考えるようにしている。

「正しい働きかけを続けていれば、少しかもしれないが、状況は確実に良くなる」「自分が起こす小さな変化が、大きな変化につながっている」「長い目で見れば、少しずつ全体はまとまっている」「今は理解されなくても、いずれ理解される」「誰も気付いていなくても、自分がやっていることは、共存共栄の世の中の実現につながっている」などとポジティブに考えるのだ。


 ネガティブに考えていたら積極的になれない。問題があったら、すぐに「やっぱりダメだ」「できない気がする」と考えてしまう。

 逆に、ポジティブに考えていれば積極的になれるし、問題があっても、すぐに諦める気にはならない。

 だから、自分を突き動かすときは、正確さは無視して、とことんポジティブに考えた方がいいのだ。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト

伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!