FC2ブログ

相手の「いい点」に目を向けよう!

人間関係を良くしよう
11 /24 2019
 人間関係を良くする上でも、組織をまとめる上でも、相手の「いい点」に目を向けることは不可欠です。


 人間は、誰も完璧ではないので、誰にでも「悪い点(苦手なこと、短所、良くないところ等)」があります。

 世の中には、この相手の「悪い点」ばかり見てしまう人がいますが、全ての人は、完璧ではないので、相手の「悪い点」ばかり見ていたら、全ての人が、「悪い人」「良くない人」に見えてしまいます。


 集団の中で共同作業をしていると、自分の「いい点」「がんばっている点」ばかりに目が向き、相手の「いい点」「がんばっている点」に、目が向かなくなることがあります。

 例えば、自分の方が「作業のスピード」が速いときに、「相手の作業のスピードは遅い」という点ばかりに目が向き、相手の「作業の正確さ」「周りの人を励まし、サポートしていること」「作業以外の雑用を率先して行なっていること」等に、目が向かなくなります。

 ですが、相手の「悪い点」ばかり見ていると、相手に対して否定的な感情を持つようになり、その結果、人間関係が悪くなったり、集団のまとまりが得られなくなったりしてしまいます。


 ですから、人間関係を良くするため、組織をまとめるためには、意識して、相手の「いい点」に目を向ける必要があります。

 全ての人は完璧ではないので、誰にでも、必ず「悪い点」があります。

 ですが、全ての人には、必ず「いい点」もあります。

 人を見るときには、意識して、この「いい点」に目を向けるのです。


 意識して、相手の「いい点」に目を向け、その働きに感謝するのです。

 特に、組織等において「人をまとめる立場」にある人は、常に、相手の「いい点」を見、それを生かすかたちで、人をまとめるのです。


 相手の「悪い点」ばかり見ていたら、世の中の全ての人が「悪い人」に見えてしまいます。

 逆に、常に、相手の「いい点」に目を向けていれば、世の中の全ての人の「いい点」が見えてきます。


 人間関係を良くするため、組織をまとめるために必要なのは、どちらでしょう?

 相手の「悪い点」に目を向けることでしょうか?

 相手の「いい点」に目を向けることでしょうか?



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!