FC2ブログ

オーガニック日本酒専門店に行ってきました

社会活動をしよう
02 /15 2020
 先日、オーガニックの日本酒の専門店、ビオ サケ ダイニング「リンリン」に行ってきました。
 以前、渋谷を歩いていたときに見つけて、機会があったら行きたいと思っていた店です。
オーガニック酒専門店 2020 2 15

 最初に飲んだ日本酒は、仁井田本家の「にいだしぜんしゅ 燗誂(かんあつらえ)」。※真ん中の酒
オーガニック酒専門店 2020 2 15-3

「こんなに飲みやすくていいのか?」というくらい飲みやすい。
 日本酒が苦手な人でも、ぐいぐい飲んでしまうこと間違いなし。

 二杯目は、秋鹿酒造 の「無ろ過原酒」。※写真左側
 酒好きなら、一度は飲んでおくべき酒だ。

 三杯目は、楯野川酒造の「大井屋 純米大吟醸」。
「にいだしぜんしゅ 燗誂(かんあつらえ)」と同じで、超飲みやすい!!
オーガニック酒専門店 2020 2 15-2

 オーナーの松田さんの話では、オーガニックの日本酒を作る蔵元、農家を応援しているとのことだ。
オーガニック酒専門店 2020 2 15-5

 どんな店か、まったく知らないで入ったのだが、素晴らしい「志」じゃないですか。


 大和思想を実践するとは、常に、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめて生きる(共存共栄の世の中を維持している状態にして生きる)ということです。

 その中には、次のような生き方(共存ライフ)も含まれます。

 商品を購入するとき、サービスを受けるときには、できるだけ、環境、健康、人権等に配慮したものを購入する。また、それらに配慮して生産している会社のものを購入する。

<例>
○エコマーク等がついた「環境に優しい商品」を選んで買う
○ポリエステル、ナイロン、アクリル等の素材の服は、洗濯するたびにマイクロプラスチックが出るので、綿100%の服を買う
○地元でとれた野菜、旬の野菜、有機野菜等を買う
○ブラック企業が提供しているサービスは受けない。商品は買わない

「生態系への配慮が行き届いた森林から生産されたもの」や「水産資源や海洋環境を守って獲られた水産物」など、生物多様性のことをしっかり考えて生産、販売された商品やサービスを選ぶことは、生物の多様性を守ることにつながります。また、それは、生物多様性に配慮している生産者や企業を応援することにもなります。

また、環境破壊や人権侵害を顧みずに活動している企業、ブラック企業の商品を買わず、そのサービスを受けなければ、そのような企業に、直接打撃を与えることができます(非買運動)。

このような発想で商品やサービスを選ぶことは、誰でもできる共存ライフ(共存共栄の世の中を実現させ、維持する生き方)です。
 共存ライフとは>>>

 世界は広いといっても、このような考えを持って生きている人は、みんな仲間です。

 皆さんも、渋谷に行ったときには、ぜひ、ビオ サケ ダイニング「リンリン」に行ってみてください。 リンリンのホームページ>>>


 美味しいお酒を飲むことで、オーガニックの日本酒を作る蔵元、農家、それを提供しているお店を応援しましょう!!

 美味しいお酒を飲むことが、共存共栄の世の中の実現につながるっていいですよね!!

警告:お酒の飲みすぎには注意しましょう!!



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!