FC2ブログ

大和思想とは

大和思想
12 /07 2018
大和思想とはどのような思想かを説明するために、大和思想の一章から、「大和思想とは」を抜粋します。


大和思想とは

「大和思想」とは、「『世の中の全ての人が、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめること』によって、『共存共栄の世の中』を実現させ、世の中の全ての人と共に『幸福』になる」という「思想」です。


 世の中の全ての人は「幸福」を求めています。

 ですから、人間は、「自分一人が『幸福』になること」を考えるのではなく、「世の中の全ての人と共に『幸福』になること」を考えるべきだと言えます。

 ですから、「大和思想」は、「世の中の全ての人と共に『幸福』になること」を「目的」に設定しています。


 また、「大和思想」では、「『世の中の全ての人と共に幸福になる』ためには、世の中は、『共存共栄の世の中』である必要がある」と考えます。

 ここで言う「共存共栄の世の中」とは、「人間」「動物」「植物」等、「『世の中に存在する全ての生物』が共に生き、共に栄える世の中」のことです。

 また、それは、「『世の中に存在する全ての生物』の『尊厳』が保たれている世の中(全ての生物が、『価値ある存在』『尊い存在』として、認められ、大切にされている世の中)」のことです。

 人間が「幸福」になるためには、「『自分の尊厳が保たれていること』によって得られる『精神的充足、安定』」が必要不可欠ですが、このような世の中であれば、世の中の全ての人の「尊厳」は、常に保たれています。

 ですから、世の中が「共存共栄の世の中」であれば、世の中の全ての人が、常に「幸福」を感じることができます。

 ですから、「大和思想」では、「『世の中の全ての人と共に幸福になる』ためには、世の中は、『共存共栄の世の中』である必要がある」と考えるのです。


 また、「大和思想」では、「『共存共栄の世の中を実現させ、維持する』ためには、世の中の全ての人が、自ら率先して、『普段自分が関わっている全体(集団、組織)をまとめる(共存共栄の世の中を維持している状態にする)』必要がある」と考えます。

 全ての人は、毎日、「家族」「地域社会」「友人の集まり」「学校」「会社」「国家」「世界」等、様々な「全体(集団、組織)」と関わっていますが、全ての人が、それらの「全体」にあって、ただ「なんとなく」過ごすのではなく、常に、「『その全体をまとめる』ための働きかけ(『その全体を共存共栄の世の中を維持している状態にする』ための働きかけ)」をしていれば、「効率良く『共存共栄の世の中』を実現させ、維持すること」ができます。

 ですから、「大和思想」では、「『共存共栄の世の中を実現させ、維持する』ためには、世の中の全ての人が、自ら率先して、『普段自分が関わっている全体をまとめる(共存共栄の世の中を維持している状態にする)』必要がある」と考えるのです。


 また、人間が「幸福」になるためには、「自分の『尊厳』を保つ(『自分が価値ある存在、尊い存在として、認められ、大切にされている状況』を保つ)」必要がありますが、「大和思想」では、「『自分の尊厳を保つ』ためには、常に、自ら率先して、『普段自分が関わっている全体をまとめるための働きかけ(共存共栄の世の中を維持している状態にするための働きかけ)』をして生きる必要がある」と考えます。

 どれだけ「自分の『尊厳』を保ちたい(『自分が価値ある存在、尊い存在として、認められ、大切にされている状況』を保ちたい)」と思っても、実際の「生き方」が「価値のない生き方」であったら、誰も、自分のことを「価値ある存在」「尊い存在」として認めてくれません。

「自分の『尊厳』を保つ」ためには、「自分の『尊厳』を保ちたい」と思うだけでなく、実際に「価値ある生き方」をする必要があるのです。

「常に、自ら率先して、『普段自分が関わっている全体をまとめるための働きかけ(共存共栄の世の中を維持している状態にするための働きかけ)』をして生きる」というのは、世の中の全ての人の「幸福」につながる「価値ある生き方」です。

 ですから、常に、そのような「生き方」をしていれば、「自分の『尊厳』を保つこと(『自分が価値ある存在、尊い存在として、認められ、大切にされている状況』を保つこと)」ができるのです。

 ですから、「大和思想」では、「『自分の尊厳を保つ』ためには、常に、自ら率先して、『普段自分が関わっている全体をまとめるための働きかけ(共存共栄の世の中を維持している状態にするための働きかけ)』をして生きる必要がある」と考えるのです。


 このように、「大和思想」は、「世の中の全ての人と共に『幸福』になること」を「目的」に設定し、「『世の中の全ての人と共に幸福になる』ためには、世の中は、『共存共栄の世の中』である必要がある」と考え、「『共存共栄の世の中を実現させ、維持する』ためには、世の中の全ての人が、自ら率先して、『普段自分が関わっている全体をまとめる』必要がある」と考え、そして、「『自分の尊厳を保つ』ためには、常に、自ら率先して、『普段自分が関わっている全体をまとめるための働きかけ』をして生きる必要がある」と考えるのです。


 世の中の全ての人が、自ら率先して、普段自分が関わっている「全体(集団、組織)」をまとめる(「共存共栄の世の中を維持している状態」にする)。

 そうすることによって、「共存共栄の世の中」が実現し、維持される。
 また、全ての人の「生き方」が「価値ある生き方」になる。

 そして、「共存共栄の世の中」が実現し、維持され、全ての人の「生き方」が「価値ある生き方」になることによって、世の中の全ての人が「幸福」になる。

 これが「大和思想の理論」なのです。


 ですから、世の中の全ての人が「大和思想」を持って(『大和思想の理論』に則って)生きれば、世の中の全ての人が「幸福」になれるのです。


 このように、「大和思想」とは、「『世の中の全ての人が、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめること』によって、『共存共栄の世の中』を実現させ、世の中の全ての人と共に『幸福』になる」という「思想」なのです。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!