FC2ブログ

後悔しないためには

幸福になるための知恵
01 /12 2020
 あなたは、後悔をしていますか?

「あんなこと、しなければよかった」
「あのとき、ああすればよかった」
「あのとき、ああ言えばよかった」

 人生の様々な場面において後悔することがあると思いますが、後悔は、いいものではありません。

「後悔の多い人生」は、幸福とは言えないのです。


 私たちは、後悔しないために、どうすればいいのでしょうか?


 後悔とは、後になって、「ああ、あのとき、ああしておけばよかった」と思うことです。

 ですから、後悔しないためには、行動する前に「後悔しないためには、どうすればいいか」「自分は、どうすれば後悔しないか」をよく考えて、行動することです。

 進学、就職、結婚、離婚、人間関係において、普段の行動において、まず行動する前に「後悔しないためには、どうすればいいか」「自分は、どうすれば後悔しないか」をよく考えて、それから行動するのです。

 常に、先々のことを考えて、後悔しないように行動するのです。


 また、そのための的確な判断をするためには、常に、自分の本心と向き合い、自分が心の底から欲していること、自分の本当の考え、自分の趣向等を理解している必要があります。

 多くの人は、普通、常識、親の考え、メディアからの情報等にとらわれて、自分の本心に蓋をしています。

 ですが、自分の本心を無視して行動するからこそ、後悔するのです。

 たとえ、自分の考えが、普通、常識、親の考え、メディアの情報等と、かけ離れていたとしても、悪いこと(共存共栄の世の中を乱す行動)をするのでなければ、何の問題もありません。

 それらにとらわれて、自分の本心に蓋をすることの方が、大きな問題なのです。


 後悔しないためには、まず、自分が心の底から欲していること、自分の本当の考え、自分の趣向等をしっかり理解する必要があります。

 そして、常に、行動する前に「後悔しないためには、どうすればいいか」「自分は、どうすれば後悔しないか」をよく考えて行動する必要があるのです。


 これらを徹底していれば、後悔することはありません。

 世の中には、大きな後悔している人が、たくさんいるようですが、これらを徹底して、後悔のない人生を送りましょう。



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

大和思想を実践しよう 2020年1月1日

大和思想を実践しよう
01 /01 2020
 新年、明けまして、おめでとうございます。

 本年も、よろしく、お願いいたします。


 今日は、元旦、1月1日です。

 2020年も、毎月1日は、「大和思想を実践する日」です。

 今年も楽しみながら、大和思想を実践しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 儒教の経典「詩経」に、次の言葉があります。

 高山は仰ぐべく、大道は行くべし

 たとえ、行き着くことは難しくても、それに邁進することの重要性を指摘した言葉です。

 大和思想は、共存共栄の世の中を実現させ、世の中の全ての人と共に幸福になることを目的に設定しています。

 それは簡単なことではありませんが、世界の多くの人が協力して取り組めば、不可能ではありません。

 それは、物理的に不可能なことではないのです。

 今年も、みんなで大和思想を実践しましょう。

 そして、共存共栄の世の中を実現させましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大和思想一章~六章は、こちら


 大和思想とは、「『世の中の全ての人が、自ら率先して、普段自分が関わっている全体をまとめること』によって『共存共栄の世の中』を実現させ、世の中の全ての人と共に『幸福』になる」という思想です。

 そこで、今日は、「家族」においては、常に、自ら率先して、「家族を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その家族の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「友人の集まり」においては、常に、自ら率先して、「その友人の集まりを『共存共栄の世の中を維持しつつ、その友人の集まりの目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「会社」においては、常に、自ら率先して、「会社を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その会社の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

「国家」においては、常に、自ら率先して、「国家を『共存共栄の世の中を維持しつつ、その国家の目的を実現している状態』にするための働きかけ」をしましょう。

 そして、「世界」においては、常に、自ら率先して、「世界を『共存共栄の世の中』にするための働きかけ」をしましょう。


 また、今日は、大和思想のアファメーションをしましょう。



※大和思想のアファメーションについての説明は こちら


 みんなで大和思想を実践しましょう。

 そして、共存共栄の世の中を実現させましょう。


 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

奥の細道

大和思想的な行動
12 /22 2019
 オイラの職場の奥には、細い道がある。

 道の片側は山になっていて、草や木が、たくさん生えている。

 反対側は低い崖で、下に畑がある。

 道が細くなっている区間は、800メートルくらいで、車がそこを通るときは、一方の車が、少しだけ広くなっている「すれ違える場所」で待機し、対向車が、そこまで来るのを待ち、対向車が通り過ぎてから進まなければならない。

「すれ違える場所」は、その区間に数カ所しかない。

 だが、直線の区間が600メートルくらいあるので、遠くまで見て、対向車が来るかどうかを確認して走れば、特に問題は起こらない。

 基本的に、その道を通る人は、その道に慣れているので、今まで、すれ違うことができなくて困ったことはない。

 そこを通る人は、みんな、その「すれ違い方」を心得ていて、オイラが「すれ違える場所」で待っていると、相手は、素早くそこまでやって来るし、オイラが道幅が狭い区間を走っていると、100メートル以上先にある「すれ違える場所」で、待っていてくれる。

 面白いと思うのは、ほとんどの人が、すれ違うときに、毎回片手を上げて、
「ありがとう」
「どういたしまして」
 というような挨拶をしたり、クラクションを鳴らして、
「プップッ(悪いねっ)」
「プップッ(別にいーよ)」
 というようなコミュニケーションをとっていることだ。

 一般の道路を走っていると、周りの車は全て他人に思えるが、その細い道を走っていると、妙な「温かさ」を感じてしまう。

 そこは、すれ違うたびに「温かさ」を感じる「奥の細道」なのだ。


 先日、その「奥の細道」で面白いことがあった。

 オイラは、小型のトラックを運転していたのだが、見通しの悪い区間を走っていると、前から乗用車がやって来た。

 そばに「すれ違える場所」がなかったので、オイラはトラックを山の方にいっぱいに寄せなければならなかったし、相手は、崖の方にいっぱいに寄せなければならなかった。

 幸い、道幅が狭いといっても、最徐行すれば、すれ違えるくらいの道幅だったので、ゆっくりと、ゆっくりと車を動かして、徐々にすれ違っていった。

 と、そのとき、

「ガッ!!」という音が相手の車から聞こえた。

 オイラが運転しているトラックと相手の車には、それなりに間隔が開いていたので、オイラは、「相手の車が、ガードレールにぶつかったのかな?」と思った。

「まっ、オイラのせいじゃないな」と思って、オイラは、ゆっくり車を進めた。

 でも、一応気が引けるので、サイドミラーで相手の様子を見ながら、ゆっくりと進んでいった。

 すると、

 運転手が、車から降りて、こちらに走って来るではないか。

 オイラは、トラックを止めた。

 窓を開けて外を見た。

 すると、そこには、二十歳くらいのキレイな女の人が立っていた。

「助けてください。タイヤが落ちちゃったんです~」

 困った目でこっちを見ているではないか。


「しょ~がね~な~」と思いながら、オイラは車から降りた。

 相手の車を見ると、左の前輪が、道路の脇の低くなっている場所に落ちていた。

「タイヤが脇に落ちて、車が動かないんです~。車動かせますか~?」

 そのキレイな女の人は、オイラに、その車を運転して、そこから出してほしいと言っているようだ。


「しょ~がね~な~」と思いながら、オイラは、その人の車に乗り、アクセルを踏んだ。

 だが、その人の言う通り、タイヤがはまって全く動かない。


「ん~~。牽引するロープもないし、どうしたものかな~」

 そう思っているうちに、前からも後からも車が2~3台きてしまった。

 その細い道は、完全に「通行止め」になってしまったのだ。


「ん~~。とりあえず車を押して、車を出せるかどうか試してみるか~」

 オイラが乗っていたトラックには、オイラの他に4人乗っていたので、ダメもとで、みんなで車を押してみることにした。


 オイラたちが、車を押す。

 女の人が、車に乗ってアクセルを踏む。

「ぬぬ~~~…」

「ぬぬぬぬ~~~…」

「ぬぬぬぬぬ~~~…」



 ブゥ~ン

「ぅお~~~!!」


 みんなで力を合わせて、なんとか車を出すことができた。

「ふ~~、なんとか車を出せて良かった」

 みんなの顔には、安堵と喜びの表情が浮かんでいた。
 
 周りを見ると、後から来た車の運転手も、心配して、こっちに来ていた。

「ありがとうございます~。助かりました~」

 相手の運転手も、安心した様子だ。


 車を出せて良かったけど、「通行止め」になっているから、うかうかしていられない。

 オイラたちは急いで車に戻って、車を動かした。

 前からは、3台の車が来ていたが、その車の運転手達は、その細い道に慣れていたので、いつも通り、難なくすれ違うことができた。

 いつも通り、片手を上げて、
「ありがとう」
「どういたしまして」
 クラクションを鳴らして、
「プップッ(悪いねっ)」
「プップッ(別にいーよ)」
 といった具合だ。



 オイラの職場の奥には、細い道がある。

 そこでは、今日も、温かい「すれ違い」が行なわれているのだ。


 ここで一句。

 すれ違う
 たびにほっこり
 奥の細道



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

「この電車は〜、新宿まで行くんですか〜?」と聞かれた話

大和思想的な行動
12 /15 2019
 先日、某電車の「新宿行き」に乗っていた。

 日曜の午前中だったので、けっこう空いていた。

 オイラは扉付近に立ち、イヤフォンをつけ、「脳をシータ波にする音源」を聞きながら、あれこれと考えていた。


「あと10分で新宿か…」


 そう思ったとき、シルバーシートの方から声が聞こえた。

「この電車は~、新宿まで行くんですか~?」

 イヤフォンをつけていたオイラにも聞こえたから、それなりに大きな声だったと思う。

 オイラは、そっちを見た。


 どうやら、オイラがいたのとは反対側のシルバーシートに座っていた「おばあさん」が、前に立っている中年の女の人に尋ねたようだった。

「新宿行きの電車だからね~。あと2駅か3駅で新宿だよ~」

 オイラは、そう思ったのだが、「おばあさん」の前に立っている中年の女の人は、スマホをいじったまま、何も答えないではないか!


「あれっ?」と思い、しばらくそっちを見ていた。

 その女の人は、あきらかに気付いた様子だった。

 だが、しかし、その人は何も答えないのだ。


「まさかのシカトか?」

「反対側に立っているオイラが、おばあさんに、『新宿まで行きますよ~』と教えてあげた方がいいのか?」


 微妙な空気が、電車の中を流れた。


 すると、同じシルバーシートに座っていた人が、「おばあさん」に教えているのが見えた。

 オイラは、とりあえず安心した。


 中年の女の人は、自分が新宿行きの電車に乗っているのだから、電車が新宿まで行くことは知っていたはずだ。

 それと、イヤフォンをつけていたオイラにも聞こえたのだから、その人にも聞こえたはずだ。

 なのに、その人は、何も答えなかったのだ。


「新宿まで行くかどうか」を聞いても、誰も答えてくれないのが普通の世の中だったら嫌じゃないですか?

 そんな世の中には、したくありませんよね?


 そんな世の中にしないために自分にできることは、自分が聞かれたときは、ちゃんと答えてあげることだ。

 それと、近くにいたら、その人に替わって教えてあげることだ。

 あなたが、その場にいたら、ちゃんと教えてあげてくださいね。


 あの中年の女の人は、日本語がわからない外国人だったのか?

 それでも、

「ワタシ、ニホンゴ、ワカリマセン」

 くらいは言ってほしいものだ。


 それとも、恥ずかしくて答えられなかったのか?

 それなら、アファメーションでもして、それを克服してほしいものだ。


 大和思想を実践している人は、道を聞かれたら、率先して教えてあげます。

 楽しみながら、それをします。


 みなさんは、「この電車は~、新宿まで行くんですか~?」と聞かれたら、率先して、楽しみながら教えてあげてくださいね。



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

男と女の性質の違いとは!?

相手のことを理解しよう
12 /08 2019
 男性と女性の性質の違いを知ることは、とても重要です。

 人間関係を良くする上でも、組織や集団をまとめる上でも、相手の長所、短所、向き、不向き、得手、不得手等を理解することは、とても重要だからです。


 男性と女性には、様々な違いがありますが、根本的な違いは、次の2つだと思われます。

 1、肉体的な違い
 女性の体は、子供を産み、育てるようにできている。
 男性の体は、そのようにできていない。

 2、欲の強さの違い
 男性の方が、女性よりも欲が強い。
(※女性の方が欲が弱いということは、別の見方をすると、女性の方が、自分の身に起こる様々な出来事を受け入れることができるということです)

 生物の進化をさかのぼると、元は、オスとメスに分かれていなく、細胞分裂によって、子孫を残していました。

 それが、次第にオスとメスに分かれ、交尾することによって、子孫を残すようになりました。

 交尾するときに、オスとメスの両方が、相手に無関心であったら、それは行なわれません。つまり、子孫を存続させることができません。

 ですから、子孫を存続させるためには、どちらかが、積極的に、相手を求める仕組みが必要になります。

 このような理由から、子孫を存続させるための仕組みとして、オスの方が、少しだけ欲(この場合は性欲)が強くなったのだと思います。


 動物の世界を見ると、昆虫、爬虫類、魚類、鳥類、ほ乳類を問わず、基本的に、オスがメスを求めています。

 オスは、メスを手に入れるために他のオスと戦い、場合によっては死ぬこともあります。

 これは、オスには、そこまでしてでもメスを得たいという、強い欲があるということです。

 メスには、それ程の欲は見られません。

 このことから、オスの方が、欲(この場合は性欲)が強いと言えると思います。


 また、男性の方が欲が強いというのは、性欲だけでなく、欲全般に言えることです。

 歴史を見ると、女性よりも男性の方が、科学や学問において、歴史的な発見や研究をしていますし、経済においても、大きな成果を上げています。

 また、世界の三大聖人と呼ばれる、孔子、釈迦、キリストは、いずれも男性です。


 どのようなことでも、大きな成果を上げるためには、強い欲求が必要です。

「もっと知りたい」「もっと大きな成果を上げたい」「何としても実現させたい」という強い欲がなければ、様々な困難を乗り越えて、大きな成果を上げることはできないのです。


 これらのことからも、「男性の方が女性よりも欲が強い」と言えると思います。


 一応補足しますと、「男性の方が欲が強い」というのは、男性の方が「偉い」とか、「すごい」ということではありません。

 欲というのは両刃の剣で、「いいこと」に向かえばいいのですが、場合によっては、「悪いこと」に向かうこともあります。

「社会、人類に貢献したい」という欲は、強いにこしたことはありませんが、中には「自分本位な目的を実現させたい」という欲を、強く持ってしまう人もいます。

 そのような人は、当然、社会の秩序を乱したり、周りの人に迷惑をかけることになります。

 つまり、ものすごく大きな社会貢献をするのは男性ですが、社会の秩序を著しく乱すのも男性ということなのです。


 また、欲が強いと、常に少なからず欲求不満を抱えますし、目的が実現できないときの精神的苦しみは大きくなります。

 つまり、男性の方が、目的や理想を実現できないことによる精神的苦しみは大きいと言えるのです。


 男性より女性の方が欲が弱いわけですが、これは、別の見方をすると、女性の方が、自分の身に起こる様々な出来事を受け入れることができるということです。

 つまり、女性の方が、目的や理想を実現できなくても、あまり精神的に苦しまないと言えるのです。


 これらのことから分かるように、欲が強いというのは、それ自体は、「いいこと」でも「悪いこと」でもないのです。

「男性の方が女性よりも欲が強い」というのは、どちらが「偉い」「偉くない」ということではなく、単に、それぞれの性質の違いなのです。

 また、その性質の違いによって得られる「喜び」も「苦しみ」もある、ということなのです。


 さて、このような性質の違いを知ることは、人間関係を良くする上でも、組織や集団をまとめる上でも重要になります。

 自分が生きていく上で、自分の長所、短所、向き、不向き、得手、不得手等を知り、自分の長所、向いていること、得意なことを活かして生きることは、とても重要だからです。

 また、組織や集団をまとめるときには、相手の長所、短所、向き、不向き、得手、不得手等を知り、相手の長所、向いていること、得意なことを活かしてまとめることは、とても重要だからです。

 男性と女性の性質の違いを理解すれば、それらを行なうときに、必ず役に立つはずです。


 男性と女性の性質の根本的な違いは、

 1、肉体的な違い
 女性の体は、子供を産み、育てるようにできている。
 男性の体は、そのようにできていない。

 2、欲の強さの違い
 男性の方が、女性よりも欲が強い。
(※女性の方が欲が弱いということは、女性の方が、自分の身に起こる様々な出来事を受け入れることができるということです)

 そして、これらの違いから、様々な違いが派生しているのです。



 ←ブログランキングに参加しています。応援してくださる方は、クリックよろしくお願いします。

伊藤 豪

こんにちは、大和思想の著者、共存共栄研究センター代表の伊藤豪です。
当ブログでは、大和思想について、ブログ形式で説明したいと思います。

大和思想を読んだことがある人は、より実践的なことが理解できるようになります。
大和思想を読んだことがない人は、大和思想の全体像が理解できるようになります。

大和思想を実践して、みんなで共存共栄の世の中を実現させましょう!